カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

納竿

昨日、今年の納竿に行ってきました。
通し釣りです。東風が吹き、非常に冷たく感じられました。
本来はメバル釣りに行きましたが、超ラッキーの外道を釣り上げる事ができました。
奮闘の末、上がったのは」スズキでした。70オーバーでした。
e0113508_13231282.jpg

大きさはこんなかんじでした。
e0113508_13234533.jpg

これがあるから釣りは面白いんですかねえ。。
くわしくはメバル釣りある記をご覧ください。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-12-28 13:25

今年最後のサヨリ釣り

寒風吹く中、今年最後のサヨリの顔を見たくて牛窓は例の場所に・・・・・・。
ん?日曜日なのに先客がポツンと一人。早速釣り道具をもってその釣り人の隣に陣取る。「釣れますか?」「まったくアタリがないですよ~!」「まだ潮が低いからだめでしょう」などと話ながら、仕掛けを沖に投げる。そして第2投3投・・・・・・・・・・・・・・・・第何十投投げたことか、潮はすでに満ち5分にはなっているにもかかわらず、どちらにも当たりのアに字もございません。
横からの風は冷たく、身体が縮こまってしまう。買い置きの缶コーヒーがコールドに変身している。段々風が強くなったようなので、東側(100m)の様子を見に行くと数名のサヨラーが竿出ししている。釣果を伺うと釣果0だという。波は無い。
よし!こちらに場所換わりしようと決断。一緒に居た釣り人も同じように場所換わりをする。
風を背から受けるので非常に釣りやすい
e0113508_20132692.jpg

すでに満潮はとっくに過ぎている。今日はボーズかあ?と思っていたら、隣のおっさんが小サンマを釣りあげた。やっと回遊してきたらしい。アッチコッチで竿が曲がりはじめた。
当然、私にも釣れた。型は小サンマからトンボ鉛筆まで。
ウキが見えにくくなったと思ったら、すでにお日様が隠れそうになっているではないか
e0113508_20185594.jpg

ターーーイムショック!じゃなかった タイムリミット
夕暮れのR2を西に向けて家路に着いた頃は、真っ暗。
クーラーの上に並べてみると28匹でした。
結構大きなサイズがいると思い計ってみると33cm弱。
締めくくるのにふさわしいサイズでした。
e0113508_2025587.jpg


P.S
帰り、泰皇夢庵に寄りました。すると瀬戸内メバル釣行紀のtakaさんが来るというのでまっていました。
takaさんは笠岡沖に行っているはず、まさか帰ってこちらに来るとは驚異の体力。
アンタもすきねえ~って思いました。ジャンジャン。
                                             おわり。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-12-16 20:30
今日は遅~い出陣。   ん?そんなに遅く行って釣る場所あるの?

大丈夫、ちゃ~~んと泰皇夢さんが先に出陣しています。  そう私のスペースの確保で。

午前9時過ぎに到着。すでにこんなに・・・。
e0113508_1985460.jpg


しかし・・・だ。わたしの希望していたポイントはすでに人が(>_<)   つう事は泰皇夢さんより

早くきていたことになる。

まあそんなに離れていないから釣れるわいな。

しかししかし、釣るわ釣るわポンポンと。こちらもポロンポロンと釣れる。

でも釣れるサイズは30オーバーばっかり。
e0113508_19141594.jpg


丁度満潮前から釣り始めたようで、潮があまり流れない。正午前から、流れが逆になり、こちら

も釣れだした。泰皇夢さんもダッシュしている様子だ。

風の向きも南に変わり波気がしだしたのを気に納竿とすることに・・・。

帰りのブルーラインはもう夕暮れが迫っている。早く帰って料理しないと朝が来る(来るわけね

ーだろ)
e0113508_19214123.jpg


帰宅してかずを数えると・・・1匹・・2匹  いや今日は1本2本だな!

全部で41本小サンマがいました。
e0113508_19242897.jpg


ここで一句   年末まで もう一回は行ってみたい 鹿忍かな

                                                 おしまい。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-12-06 19:27
先週のサヨリンに気を良くし、またまた行ってしまいました。鹿忍漁港へ。

午前、5時半、N君が自宅に到着。途中、食糧を仕入れて例の如く、平田釣り具に向かう。
到着すると、県外(和泉)ナンバーの車が止まっている。車のサイドには【泉州サヨリ会】と書いている。ふたりで、ほー!岡山までサヨリ釣りにくるんだ!と感心した。
話を伺うと、どうも宇野方面に行きたいらしいが、ポイントが判らないので、釣り客で宇野方面に行く釣り人を探しているらしい。我々は牛窓に行きますので頑張ってくださいと言って別れた。
午前7時前に到着。まだ誰も来ていない。15分ほどして泰皇夢さんが到着。泰皇夢さんは今回先端で釣るという。私とN君は波止のコーナー付近に陣取った。
まだ干底付近なので遠投が有利と判断。N君に私の仕掛けを使用してもらう。と言ってもこれは泰皇夢さんからいただいた工房浦安のスーパーサヨリンを使用した。
釣りを開始して3投目からすでにアタリ。はるか彼方から25cmのサヨリンをget.
N君はサヨリ釣りは初めて。勝手がわからず、なかなか思うようにいかない。
しかし、それもすぐに解消、初サヨリをgetした。
e0113508_17592994.jpg

すでに昼近く、周囲は満員御礼状態、あちこちで良型のサヨリンを釣り上げる度に歓声が上がっていた。
e0113508_1823999.jpg


私はすでに3桁は越しているはずだ。これ以上釣っても帰ってからが大変と判断。
N君も帰ってから親父の手伝いがいりますと言っていた。
泰皇夢さんそろそろ納竿らしいが、私達はちょっと早めに帰らせていただく事にした。

帰って数えると156匹もいた。
e0113508_1882054.jpg

さあて、何時までかかることやら・・・。
塩に2時間漬け込みます
e0113508_14174511.jpg


そして干し網に・・・。すべて30cm前後ばかり70匹以上干しました。
e0113508_14195285.jpg

[PR]
# by mebaru365 | 2007-11-28 18:10
午前5時半、目覚ましにタタキ起こされる。
昨日に続いて今日も釣り(^_^)/。少々疲れが・・・なんて思うが、昨日はあまりにもふがいない一日、今日こそは!
午前6時過ぎいつものピチピチアミエビの平田釣り具で餌を仕入れる。たいがんのクラレの工場の灯りが旭川映って綺麗だった
e0113508_2035524.jpg

鹿忍の波止にはまだ誰も来ていない。5分遅れて泰皇夢さんとtakaさんが到着。
早速、コーナー付近に陣取り釣り開始。潮は上げに入っており、右から左にゆっくり動いている。3人は遠投仕掛けで沖を攻める。まずは泰皇夢さんが釣り上げる。そしてtakaさんも私にも中型が釣れる。
そうこうしているうちに釣り人がポロポロやってきた。
サヨリは潮止まりまで順調に釣れ続き、なかにはこんなサイズも釣れてくる。
e0113508_20151066.jpg

左手前がtakaさん、その向こうが泰皇夢さんである。
e0113508_2016476.jpg

引きに入ってから、風向きが変わり、幾分釣りにくくなったが、それでも3人は順調に数を稼いだ。
示し合わせたように3人とも撒き餌もなくなったので納竿としたが、夕方までやれば、まだまだ釣れるであろう・・・・があとの事を考えての納竿である。
帰宅して勘定すると96匹でした。調理に2時間かかりました。やっとブログアップしています。
サヨリは塩水の中でおねんねしてもらっています。
e0113508_20244761.jpg

takaさん、B&Bのネタ、ありがとうございました。泰皇夢さん、ヌカ有り難うございました。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-11-24 20:29

ベイカ釣りに挑戦

昨日、漁山箔さんのブログ見て、行ってきました。
場所は写真でもお分かりのように瀬戸大橋がすぐそばの漁港。釣り始めたのが午後7時、すでに護岸は土曜日ということもあって、人人人。
e0113508_0403328.jpg

潮は底からの満ち上がり3分、ポロポロ釣れる。地元のベテラン釣り師はすでに、数十匹は釣り上げているようだ。
そこへ釣り友の岩山君が来たので列んで竿出しする。岩山君も初挑戦との事であるが、私より要領がいい。ホイホイと釣り上げる。
e0113508_0481341.jpg

サイズ的にはこの型である。
e0113508_0493664.jpg

午後10時半を回った頃から風が出だしたので、納竿することにした。
お互い、うん十匹は釣っているはずだ。!(^^)!
シラサエビ500円もあれば十分遊べるから家族連れが多くきていた。
夜景が綺麗だったことで釣果は十分満足したものといえる。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-11-11 00:59

鹿忍のサヨリ PartⅡ

朝、起きてみると、ん?雨は?ってな感じで降っていない。携帯用の雨レーダー見てみるとアイヤー雨雲消えてます。
それでは、さっそく泰皇夢さんに連絡。即、決行と相成りました。
いつもの平田釣り具に行くと、ゲッ! アミが無い。あることはあるが、皆死んでいるやつばかり。
女将さんに聞いてみると、前日、雨が降ったら捕りに行かないらしいとの事のである。
活きたヤツをすぐ冷凍したものがあるというので、仕方なくそれを仕入れる。
釣り場に着いたのは午前9時半を回っていた。すでに泰皇夢さんは、私が来るのを今か今かと待ち受けていたようだ。
さっそく並んで竿を出すが、釣り人は我々の他に2人しかいない。がら空きの貸し切り状態である。満潮から引きに入っていて、潮が高いので、のべ竿で十分だと思ってやってみるが、近くにサヨリはいる事はいるが、サヨリよりも速くヒイラギに餌をかすめ取られてしまうので、リールで遠投した。 これが大成功、沖には良型が群れているようである。
ウキ下30cmで狙うが、どうも水面にいるみたいなので、撒き餌籠の上に枝針をつけてみた。
これが的中、面白いように釣れる。ん?見ると泰皇夢さんも枝針をセットしている。これぞ、NTYスペシャル。ダブルで釣れないかなあ・・・と思っていると、泰皇夢さんがダブルで釣り上げたところをパチリ。
e0113508_19423443.jpg

とうとう私には釣れなかった。釣れてはいたんだが、途中で針ハズレ。

結局、釣果は二人とも20~32cmが片手くらいはゲットしました。
e0113508_19453435.jpg

雨が降って水温さえ下がらなければ、三桁は釣れていたかもです。

P.S
因みに右隣のオッちゃんは撒き餌無しで10匹、左隣のオッちゃんは0匹。スーパーのパックのアミを撒き餌刺し餌兼用ではねえ・・・って感じでした。やはり泰皇夢さんの仕掛けがいいのかにゃあ。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-11-06 19:51
今季2回目の太刀魚釣りに行ってまいりました。

職場の仲間のみんなと行ってきました。

午後4時に渡船乗り場に到着、目指す一文字はすぐ目の前に見えている
e0113508_13294244.jpg

まもなく渡船到着。気の優しい船長で釣り具屋も経営している。
e0113508_13312748.jpg


さっそく乗り込み一文字に・・・。Mさん達と餌の小アジを釣るが、10分もせぬ内に餌は確保でき

た。あとは持ち帰えりのお土産を釣る。
e0113508_616745.jpg


Mさんがもうそろそろタチが釣れるかもと言ったので全員沖向きで仕掛けを投げ入れる・・・・が1

時間経っても2時間経ってもアタリが来ない。潮が低いせいなのかもしれない。

餌をアジから持参したドジョウにかえたら、やっと私に指3,5本の太刀魚が釣れた
e0113508_13403764.jpg


しかしあとが続かない。沖を大型客船が通るのをボ~と眺めていた。
e0113508_13423761.jpg

しかし、あまりにも無駄な時間だけが過ぎ去るので、メバル釣りにチェンジ。

波止際をサグルと良型のカサゴやグレが釣れたが肝心のメバルの気配は感じられない
e0113508_13451636.jpg


潮が上がってきて、やっと太刀魚のアタリが出てきた。しかし,散発的である。

Mさんは、やはり地波止のほうが良かったかなあと悔やんでいた。

そして、霧雨が降り、一時持参したテントの中に避難した・・・つもりがいつのまにかスヤスヤと。

時計を見ると午前3時半。朝まずめをとガンバってみたが、とうとうアタリがないまま、夜が明け

てしまった。

釣果はごらんお通り。
e0113508_13535083.jpg


4人で公平にとMさんが割り振りしてくれている。
e0113508_13541176.jpg


アジは好きなだけお持ち帰りってことでしたが、あとの事を考えると・・・・・です。
e0113508_13563280.jpg


初の太刀魚釣りに挑戦したN君、「こんなに釣れるとは思いませんでした。」と

とても嬉しそうでした。これで、また一人釣り師が誕生したかな?
[PR]
# by mebaru365 | 2007-11-01 13:58

牛窓 鹿忍のサヨリ

午前5時、目覚ましがけたたましく鳴る。
今日は、待ちに待ったサヨリン釣り。行きがけに岡山市江並にある平田釣り具で餌のアミを仕入れる。なぜここかって?餌なんてどこの釣り具屋さんでもあるじゃないかとお思いだろうが、ここのアミエビは活きが違うんです。買って入れ物に入れた時、アミエビがピンピン跳ねているんです。だから、食いが全然違うというわけなんです。一人一日200円もあれば十分あります。
一路、岡山バイパスを東に向けて走ること約15分、泰皇夢さん方に立ち寄ります。すでに瀬戸内メバル釣行紀のtakaさんが到着していました。
泰皇夢さんの運転で目指すは鹿忍の波止。午前7時に到着、まだ誰も来てないだろう・・・。と思いきや、漁山箔さんのお友達の釣りマチガイさんが来ていた。
話もそこそこに早速釣り開始、泰皇夢さんを挟んで釣り座をコーナー付近に陣取る。
潮が低いせいか、サヨリは全く寄って居ない。釣れるのはヒイラギばかり。
e0113508_21385242.jpg

その内、釣りマチガイさんに電話が入る。宇野方面にサヨリを釣りに行っているHさんかららしい。電話の様子ではあちらは、釣れてるみたいだ。
釣りマチガイさん、ここで1時間半くらい辛抱していたが、「あっちに行ってみますわ~!」と言い残し宇野方面に・・・。昨日この場所で漁山箔さんがボーズくらってたからであろう。
潮が高くなるにつれて釣り人がポロポロ・・・・・・・・、じゃない。あっという間に波止いっぱいに来た。
右側も
e0113508_21472437.jpg

左側も
e0113508_21482555.jpg

人人人。こんな小さな波止にこんなにも来るなんて。しかも平日に。
そして、皆さん飛ばしウキでの遠投で釣っている。
てなわけで、我々も遠投仕掛けで・・・。
やっと待望のサヨリが、しかも良型である。小サンマって感じだ。
e0113508_2152512.jpg

それからは、ポロポロではあるが、沖から良型が全員に釣れる。
あっそうそう!漁山箔さんも参加の予定だったが、昨日のボーズが非常に響いたようで、こちら方面あきらめて、Hさんや釣りマチガイさんがいる、宇野方面に行きました。
takaさんが「近くでも釣れますよ。 」   見るとのべ竿で釣っている。これに即切り替えたのが泰皇夢さん。撒き餌を沖7~8mに打っている。ボラがそれに反応して、水面が波立っている。サヨリはその周囲にいるみたいだ。それを泰皇夢さんは見逃さない。もの凄いペースで良型のサヨリを釣っている。我々も負けじと頑張った。ピークに達したのが満潮から引きに入ったころだ。足元でサヨリが乱舞し始めた。「これこれ、これを待っていたんよ」泰皇夢さんが入れ掛かりをしている。勿論我々も入れ掛かりを堪能したのは当然のことである。
午後3時過ぎ納竿。家に帰って数を数えると70匹近く釣っていました。泰皇夢さんは3桁近く釣っていると思われる。takaさんも私と同じくらいいると思われる。
e0113508_2212328.jpg

さっそく、一夜干しの準備にとりかかる。
頭を切り落とし、背開きにして、潮水の中に1時間程度浸し、
e0113508_22152285.jpg

乾燥網に入れてつり下げました。
自宅に帰る途中、ボルトが3本も入って病院で療養中のめばる日記さんの所にtakaさんと行きました。夫婦水入らず?で病室でいちゃいちゃしてました~。(ウソピョン)
こんな格好で愛人1~5号くらいまで作った~!なんて冗談いっぱいでした。
隣で愛妻さんクスクス笑ってました。
元気な姿みれて何よりでした。早く良くなることを願っています。
e0113508_22303435.jpg

[PR]
# by mebaru365 | 2007-10-29 22:24

牛窓港のチヌ

本日、ドライブがてら(ウソ!本当はチヌ釣り)に牛窓に行ってまいりました。
渡船利用して港の前にある一文字に渡るつもりであったが、どうも一人じゃ、『よしわかった!』といってくれる渡船がいないみたい(T_T)電話の向こうで『今寝てるから・・・!!』何時だと思ってるんだ。午前8時だじょ(=_=)

まあいいか、急に行ったこっちにも責任があるわけだから。
沖の前島にある波止を見ると、すでに10数人の釣り人の姿が・・・。
e0113508_18221228.jpg



仕方なくフェリー横の護岸で竿を出す事にした。
e0113508_18224164.jpg


となりには一人しかいない。昨日は満員だったそうであるが、今日はがら空きだ。
すると隣の釣り人が大きく竿を曲げた。すわ大物かと思われたが、ここのレギュラーサイズとのこと。上がって来たのは25~6cm。
e0113508_1826107.jpg


空を見上げると秋の空いっぱいの雲に覆われて、ゆっくりとした時間がすぎていった。
e0113508_18283837.jpg


肝心のチヌのほうであるが、忘れた頃に釣れる感じであるが、塩焼きサイズのお持ち帰りは、7匹に終わってしまったが隣の釣り人と仲良く釣りが出来たこと。
また、エギングをした帰りに話しかけてきた若者と知り合えたことが、最大の収穫だろう。
e0113508_1836094.jpg


帰り道、泰皇夢さん方に寄り道、、古い竿に新しい息吹を吹き込んでおられた。
きっと竿も喜んでいるに違いない。
帰り際、妙なモノをいただいた。
e0113508_1840354.jpg

「なんです?コレは。」『これはアオリ〆。目と目の間をこれで刺したら絞まるよ。(^_^)v』
っだって。    まだ釣ったことないのに(>_<)  使うのはいつの事やらです。

[PR]
# by mebaru365 | 2007-10-16 18:44