カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お纏り騒ぎ?

行ってきたよ。山陰!

e0113508_945674.jpg


一時間も早く着いてしまった。


ちょっと早すぎたかな? と思いきや、既に先客2名いらっしゃいました。

そうこうしていると船長到着。

続いて残り3名の釣り客も到着したところで出港です。

今にも泣きだしそうな空模様。  雨は覚悟しているがどのくらい降るかが問題だ。

アンカーを下して早速シャクリ開始!

しかし今夜は潮と風がかみ合わない。

隣の客は重たいオモリで私とは違う仕掛けでシャクっているのだが、私はシンプルな鉛スッテのためラインがかなり斜めになり隣に絡んでしまう。

流すラインも工夫して船べりギリギリをシャクるもカラマレッティー(泣)

んで、絡んでいるのをほどいている時、とりあえずサルカン部分の糸を切れば簡単だと思い、切って放した糸が・・・・・・アイヤ~!鉛スッテが付いていた糸じゃった(大泣)

万事休す! 深い海に沈んでったのが一番重かった奴じゃった。

これで今夜は終わりか?と思っていたら、船長がカラーオモリの40号を貸してくれた。

しかしスッテが一個しか付いていないので非常に不利だ。

だがやるっきゃない。少しでも抱くようにとエサ巻きスッテを装着。

これが良かった。レンジを5m間隔で上げたり下げたりして誘っているとドスンとくる。

だがまだレンジが安定していない。今まで15mで乗ってくるかと思えば今度は35mと目まぐるしく棚が変わる。

船長が「そりゃ2000円はするよ!」上げる度に私のほうをチラチラと(爆)

真庭から来たという若者(私からしてみれば)o君、竿2本を器用に操っている。

e0113508_1024434.jpg


一本は短めのロッドで鉛スッテをシャクリ、もう一本は少し長めの竿で胴突き仕掛けでおっぱいスッテ2~3個を付け、オモリの下には長めのハリスに鈎をつけ沖アミの餌。

狙うはアジ?  これが当たったのか大きなアジを連発していた。

雨が降ったり止んだりで、合羽を着たり脱いだりで忙しい。

おまけに誘いのシャクリで、もう中からビッチョビチョ!

納竿前にスコール的な雨が来たのを機に全員撤収の準備に取り掛かる。

今回は前回より釣果アップしたが、まだまだ納得のいく釣果にはほど遠い。

こんだけでした。

e0113508_1041746.jpg

[PR]
by mebaru365 | 2014-07-16 10:44 | 白いか