カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

梅雨の中休みだったのに、なんで こ~なるの!

午後5時、OJAに集合! メンバーはソルTさん、ランプさんそして私。目指すはOK島!!

途中リアルサンドワームを仕入れ、T原港に。

行きはワイワイガヤガヤと昔話に花が咲く。


ん????何気なくマイカーのメーターパネルを見た。

e0113508_10502199.jpg


あいや~!ジャスト大台でんがな。

e0113508_10535930.jpg


なんかええ事あるかもよ~!って気分はメガノリ!(どこかのパクリです)

上陸して目指すは道端ポイント。 まだ誰も居ません。さっそく準備にかかります。

そして前日考案した自作「Nキャロ」をルアーマンのお二人に使っていただく事にしたのだが、「自分らが釣れたら使うよ~!」ってな返事です。

私は胴突きにリアルサンドワーム(笑),そしてニューロッドの鱗付けも兼ねてます。  


潮は5分満ちといった感じである。    アタリが無い。  だが水面でピチャピチャという音。


すかさず波紋のあるほうにキャスト! 底を取る前のフォール中にクィーンとラインが走る。


待望のアジだ!  型は25cmくらい。これでホゲ回避です。


そして四季釣造さんが来られました。  一緒に竿出ししますがなかなか渋い感じです。


そこで四季釣造さんはA港に偵察に行かれました。われわれは取りあえず満潮まで粘るしかない。


そして、満潮前プチ爆が訪れます。アッチやコッチでピチャピチャやってます。


その方向にキャストする毎にアタリがきますがフッキングは半分以下。


そして、釣造さんが戻ってこられる頃、Tさん・Oさんも来られました。


その頃から風がソヨソヨと吹き始め・・・ふと空を見上げると、なにやらポツっときてます。雨?!


携帯で雨雲レーダーを見てみますと山口の東の端まできています。「こりゃあと3時間も持たんかも~!」


午前0時頃はシトシトピッチャンの歌でも聞こえて来そうです。


O浦に移動!ココで釣造さんから心温まるカップ麺を頂き早速、馳走になります。


肴は釣りの大風呂敷です(笑)

話も弾ましたが、雨も屋根の上で飛んだり跳ねたりでうるさくなってきだしました。


こりゃあ屋根付きポイントしかないなあ。若干1名合羽無い方もいらっしゃるんで・・・。


ここで釣造さんとお別れします。毎度有り難うざいました。


着きますと意外と人数居ません。


元付近に陣取り、東にキャスト。あら!道端より1回り大きいサイズが釣れます。

e0113508_12342692.jpg


メバルもまずまずの型がきます。

e0113508_1238479.jpg



ここでは10匹のアジと10匹のメバルを追加出来ましたが、そろそろ朝が来ますが、已然として雨は止む気配はないので、キッシングはやむなく中止しました。

これが今回の戦利品です。

e0113508_12411492.jpg


釣造さんから頂いたマツイカは沖漬けにしました。

そしてここでソルTさんにサプライズ有りでした。詳しくは「ハードでロックなフィッシングライフSTAGE2」をご覧

下さい。


朝一のフェリーでT原港に帰り○原の大将の処に立ち寄りましたが、午前7時とあってなかなか起きてくれません(爆)。

ソルTさんの執拗な電話攻撃でやっとお目覚です(大爆)


そしてリサイクルショップの品物のある倉庫に案内していただきました。

私には懐かしい品物ばかりでしたよ。


まだ軌道に乗せている段階ですが、将来のご発展とご多幸を願っていますよ。


今回も新たな発見と人間観のある触れあいをさせて頂き感謝極まる釣行と相成りました。


関係者諸君!有り難う御座いました。

あら?「Nキャロ」の実践実釣をすっかり忘れていました。


今回は一度たりとも使って頂けなかったので、次回に持ち越しとなりました。


っていうか、「あんなこともやったな」って思い出話で埋もれるような気がしますが。


自宅に帰って一寝入りしてシゴをして・・・こんなになっちゃいました。

塩のお風呂で気持ちよさそうですよ。

e0113508_15274640.jpg


マツイカは沖漬けのタレの中で眠っていました。

e0113508_1529613.jpg


                                                              おわり。
[PR]
by mebaru365 | 2010-07-11 11:18