カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

珍客

こんなのが釣れました。

e0113508_215929.jpg


はたしてこの正体は・・・?
[PR]
# by mebaru365 | 2015-09-28 02:02 | 白いか

勲章

昨日はメバル釣りの予定でしまなみに行き、ちょっと早目に到着したのでシャクッテみました。

場所はこんな感じの処。

e0113508_15355842.jpg


用意をして第一投目の出来事。

足元に墨跡ある場所で2号エギブン投げ!

底に落とし、大きく3回シャクリ!

そして5カウントしてクイックでシャクリ・・・・・ドスン!

身切れを考慮してドラグがズルズルでした。

ジュイ~!って感じでPEが出っぱなし。

アイヤ~!スプール抑えてブレーキング。

魚かな? イヤイヤ金属的な感じじゃありません。

ブワンブワンとするロッドテンションはイカそのものの引き!

ヤバイ!タマアミも何にも用意ナッシング。

足元まで寄せたところで水際まで降りて行って、エギを持ち上げた瞬間・・・

ブチュ~~~~~!

やってくれました。顔面噴射ならず全身噴射!

そんな事は言っとられません。  とりあえず上まであげにゃあ!

という事で上がったのがこのお方!

e0113508_15474251.jpg


胴長25cm。立派な雄親です。

でも、これはちょっと酷くない? これからメバル釣りに行くって時に!

ベストの予備なんて持ってきてないもん。

e0113508_15485957.jpg



雄が居れば雌も・・・。

居ませんでした。極小ミニサイズは追尾してきたけどね・・・。

帰って洗濯したけど、取れませんでした。

これ付いたままで釣り行こうかな。だって勲章だもん(爆)
[PR]
# by mebaru365 | 2015-09-20 15:55 | アオリ

アオリ調査2

昨晩アオリ調査行って来ました。

天気もこんな感じでええんとちゃう?

e0113508_3432054.gif


今回は塩島。 まずは激流石波止ポイント。

浅くてどんなにもならないので隣のコンクリート波止の元付近からアプローチ!

着水して2回目のシャクリでドスン!・・・いやトスンかな!

e0113508_3495110.jpg


同方向でまたまたトスン!

e0113508_3504568.jpg


流れが強くなったのを機に、ベアマウス波止に移動。

テトラ一文字際から手前にシャクッテ来るとミニが来たが、お帰りいただく。

そろそろ満潮前・・・。おや?水面に波紋・・・。雨です。

見ると・・・

e0113508_354466.gif



ちょっと予定より早いんと違う?

時計を見ると午前0時過ぎ。

半夜の予定だったのでまあいいか・・・と車で帰路についたものの、またまた手前の島で降りちゃいました。

ここは5本松FT。護岸が綺麗に整備されて釣りやすそう。

まずはブワンブワンする鉄板の上から南に向けて遠投。

潮が引きに入っていて右に流れる。流れに任せているとドスンと来た。

e0113508_402984.jpg


今度は整備された護岸に座って西向きにアプローチ。

そして沖の潮の弛みでドスン!

e0113508_414792.jpg


ここでミニ追加。

アタリもなくなったのでしまなみ大橋下手前の小さな波止に行くと、ちょうど帰り支度をしている若者がいたので釣果を伺う。

「こんばんわ!釣れました?」「&#▽・・・釣れまへん」と話しをするのも大儀そうに捨て台詞気味に言う。

まあいいや!礼儀を知らんやっちゃ!人間千差万別色々おらあな!

そのころから雨がシトシト降りはじめたので帰路に就くが、途中睡魔がきたのでSAで休憩してたら自宅に帰ったのは午前3時半。

ついでに記事アップ!

おやすみなさい。
[PR]
# by mebaru365 | 2015-09-16 03:46 | アオリ

イケルゾ!秋イカ

昨日は朝から奉仕活動に参加し、

e0113508_1162211.jpg


午後は近所の方と山陰の赤碕に烏賊釣りに行ってきました。

ちょっと早目に出港して底物&チカメキントキ狙い。

e0113508_11152348.jpg


まずはポイントに着くや否やすぐにアタリ!

上がってきたのは小さなアコウ。

そしてアオハタをゲットです。

そして私の釣りたかったチカメキントキポイントに行きます。

ここで船長はイカリを降ろしての釣りに変更。

それまでは胴突きでやっていたのだが、今度は天秤仕掛けに変更。

そしてドスン!ときたのがこのお方!

e0113508_1112666.jpg


底から20m上でした。

そして3匹追加したところでシロイカ釣りに変更。

当初は若干うねりが残っていたので、エギングスタイルでやっていましたが、徐々にうねりも小さくなったので、いつもの鉛スッテ&餌巻きスッテの胴突き仕掛けに変更。

そして点灯。

すぐにアタリが来る。 型は胴長20cmくらいか・・・。

最初は水深60m位でアタリがあったが、徐々に浮きはじめ40mラインでアタリ。

そして魚探を見ると30m前後にベイトがビッシリと写っている。

この下付近でアタリ多発。  

だが船底付近まで浮いてくることはなかった。

大きなパラソル級が釣れれば写メをと思っていたが、いくらやってもこないのでこれをパチリと!

e0113508_112692.jpg



そしてWヒットしたところを船長がパチリ!

e0113508_11563030.jpg
(船長のブログから拝借)

そして船長が釣ったイカを餌に降ろしていた仕掛けに大物が掛かった!

んが、途中で竿先が大きく跳ね上がる。  無念のバラシ!

PEが見事にプッツンコ! メーター級のヒラマサかドデカいヒラメだったかもしれない。

午前0時頃帰港。自宅に帰ったのが午前2時半。

そして目覚めたのが午前8時過ぎ。6時間以上は寝れない。歳か!

さて釣果!

チカメキントキ4匹。

e0113508_11341110.jpg


アコウ&アオハタ 各1匹。

e0113508_1135465.jpg



シロイカ58杯 スルメ3杯。

e0113508_1136419.jpg


船長が10月が楽しみじゃな!と言ってたような言わなかったような!

そしてチカメキントキの硬い鱗を取ってるとき、やっちまった!

鱗もピンクだが私の指もピンクだぜい~!

e0113508_11392424.jpg

[PR]
# by mebaru365 | 2015-09-14 11:39 | 白いか

イカを求めて三千里

一昨日

「船長明日何人?」「4人!」

「んじゃあ、行くよ!」

今夜は少し西に行くらしい。

少々うねりがあるものの、月が雲にかかって準闇夜!

他の釣り客は井原から来ているとの事。しかも遊漁船を持っている方たち。

瀬戸内海ではシロイカなかなか釣れないので、わざわざ日本海まで来るらしい。

夕暮れ時のゴールデンタイムになったのだが、船中2杯釣れただけ。

私はまだボーズ!

やっと釣れたのが日没後1時間経ってから。

今夜もヤバイ?

後部に陣取っていた私は、左側にイカメタルロッド。右側に電動リール使用で自動巻き上げにセットの二刀流。

午後7時半、ゴールデンタイムは突然やってきた。

イカメタルにドスンと来た。これはデカくない?なかなかベイトリールが巻けない。

強く巻けば身切れするかもで慎重に巻き上げていると、今度は電動巻き上げのロッドが海中目指して突っ込んでいる。

取り合えず電動は超スロー巻き上げで手巻きより遅くなるようにする。

やっと手巻きを巻き上げ水面に上がって来たイカをみるとWです。しかもでかい。

胴長30~40cmあります。

船長が写真撮っとこ!って言ったが、そんな暇ありません。

既に巻き上げが停止しており、水面を覗いてみるとこれもデカイカが漂ってます。しかもWです。

船長がこれをパチリと!

e0113508_10245082.jpg


一度に30~40cmが4本も来ちゃいました。

e0113508_1032178.jpg


でもrangeがバラバラ。底でも来るし、中層でも来るし、1杯だけだが水面から15mでも釣れた。

棚を探しながら釣っているとあっという間に時間は過ぎる。

もう午後11時。船長が「すこし遠出しているので30分早目にOFFします」との事。

今回数は大した事はなかったが、良型揃いだったので良しとしよう!

事前にポート赤碕で値段をみていたが、小が1杯800 中1杯¥1000 大1杯¥1500 

今回の特大は¥2000いったかもです。

んで、こんだけでした。

e0113508_1040133.jpg



例年ならそろそろ数釣りになるのだが、こんな型揃いが釣れればええなあ(笑)
[PR]
# by mebaru365 | 2015-08-31 10:42 | 白いか

アオリ調査

昨晩、月光浴をしているであろう新子のアオリ調査に行ってきました。

行った場所は大三島の某場所。

まだちと早いかもですが、行かんことにはわかりません。

噂が入ってきたからでは時既に遅し・・・なんてこともありますから(笑

場所に到着。当然誰も居ませんね。  墨跡も皆無。

まず2.5号のエギからスタート。全く反応がありません。

今度は2号でやってみますと・・・パンチ来ました。

同じラインを通すと、トスンと来ました。

エギングロッドのティップがちょっと曲がる程度です。

上がってきたのはこのサイズ。

e0113508_1082837.jpg


コロッケ?ハンバーグ?ってサイズです。

順調に育っているようです。

その後やりますが、パンチの連続!  でも乗らない。

手前までエギが来た時ライトで水面を照らすと・・・・いっぱい寄っていますがな。

エギに一定の距離をおき、時折触腕を伸ばしています。

昼だったらサイトエギングやりほうだい(爆

午前0時で納竿。

まだ小一ケ月早い感じでした。来月の月周りがいいかもね。

新子調査終了。   追跡調査・・・シロイカの追跡調査もあるしなあ・・・。
[PR]
# by mebaru365 | 2015-08-28 10:18 | アオリ

完全不完全燃焼

約小一か月ぶりに行ってきました。

船長側の都合により船着き場が変わりました。

みんなまだかまだかと船が来るのを待っています。

e0113508_10165161.jpg


今月中旬に松山のIOさんと行く予定であったが、台風の影響でうねりが高く中止。

今回もこんな感じで多少なりともありそうな・・・。

e0113508_10184735.gif


定時に出港。

だが・・・・・・・・・・

行く途中で船室にブザーが鳴り響き緊急停止。

このまま走るとオーバーヒートするという。

だがポイントの近くまで来ているとのことで、怒りを・・・いや!イカリを降ろす。

明るいうち、やっと一杯のシロイカ君をゲット。坊主はないが・・・。

そして夕暮れを迎える。

このままの状態で集魚灯を点しても船は大丈夫か心配だ。

だが船長「アイドリング状態でなら何とかなるかも」と言う。

船内どこかでポロって感じで上がるが全く活気が無い。

そのうち私の仕掛けに隣の仕掛けが絡んでおまけにPEの高切れ!

予備の竿とリールに替える。

やっと掛かったと巻いていると今度は反対側のお客と仕掛けが仲良くしている。

仕掛けが水面まできてカラマレッティをほどいている時、烏賊君が手を振って海中深く帰って行かれるのが見えました。(なんでやねん)

午後19時、隣町のNさんから電話 「釣れる?」「釣れん・・・」

時間だけが無情に過ぎていく。

まあまあサイズが掛かったんで写メを撮る。

e0113508_10411718.jpg


午後11時過ぎ、またまた隣町のNさんから電話。「釣れる?」「釣れん・・・ア!掛かった」

と言って電話をOFF。

これほんと!なんかしながらやっていると不思議に釣れるものだ。

タバコの火を点けながらとかションベンしている時とか(爆)

午後11時半、松山のIOさんに電話をする。

というのは今夜はメバルで釣りに行っているのだ。

「もしもしどうですか?」

「もうクーラー満タンです」  なっなんですと?

「何処に上がったん?」「○○の隣の○○島」

良かったね!

今度はそこに一緒に行く事を約束して電話を切った。

・・・ということで、今回は何をやっても上手くいかず、完全に不完全燃焼でした。

船中 多い人で20杯と最悪の状態。

んで私はコンダケ!

e0113508_1112443.jpg



Revenge行くべきか、それが問題だ!
[PR]
# by mebaru365 | 2015-08-23 10:13 | 白いか

異口同音

昨日ふらっと行ってきたよ! 山陰の赤碕。

釣り客は私を含めて3人。  

夕方、5時過ぎ出船。  ポイントは水深50m強。

この時期にしては深くない?って思うのだが、まあこちらとしてはキャプテンのおおせのままに。

今夜は満月の大潮。 当初はイカリを打っての釣りからスタートしたが、流れがきつく、シーアンカーに変更。

だが、シーアンカーがある水深20m付近は流れが無く、表層はダダ流れ!

投入した仕掛けが艫へぶっ飛ぶ。

後方の方々はオモリ60~80号の多点仕掛け。こちらはイカメタル。

毎回底を取る時、後方の方とのオマツリを気にしながらラインを出す。

船長が「そんなら重たいオモリでやればいいと違うの?」という。

私は「それではイカメタルの意味ないし、ティップのアタリが取れんかったら、なにしょうるか意味がない」

船長「そりゃしゃあない。我慢せんといけんわいな!」

これで満席だったらまず釣りになってないだろう。

煌々と照るお月様。大潮。ダダ流れ。

釣れない条件は申し分なくそろっている。

みんな満月は釣れないねって言ってます。

だが釣り人の性。竿を出すだけで気分がええんです。

そんでもって定刻に帰宅。

友人に電話「烏賊取りにおいでんせえ」

・・・の前に記念撮影。

今回はコンダケ!

シロイカ25杯

e0113508_11172025.jpg



スルメ3杯

e0113508_11174771.jpg



今度行くのは来月。松山のIOさんと行く予定を入れました。

そうそう、来月は釣り画報の取材が入ってます。

夏メバルは松山沖がベストなんだろうが、そちらばかりをやってもしゃあないんで、小型中心になるとは思うが、やるっきゃない!でっしょ!
[PR]
# by mebaru365 | 2015-07-31 11:23 | 白いか

上手い

昨晩は烏賊釣りに行ってきたよ!

いつもの場所じゃないよ。

初めての釣り船。 鳥取は賀露港から出船。利用する船は「第八達丸

なぜこの船かというと、私の行っている釣り具&お客さんが利用しており、この15日に行くというので便乗させていただいた。

今回の案内役であるS社のSさんの運転で一路鳥取の賀露港に向けて出発。

高速を使わず下の路を通って行ったので、何処をどう通ったか・・・・判らん。

つまり無料高速が出来てたりで分かりにくい。

もう何年もこちらに来ていないので新しい道がいっぱいできてます。

約2時間強で港に到着。

e0113508_3212449.jpg


早速皆さんリグってます。

e0113508_326615.gif


午後5時出船。

港から見る風景はいつもと違う。

e0113508_328214.jpg


後方はるかに見えるのは、有名な鳥取砂丘である。

e0113508_3285510.jpg


明るいうちにポイントに到着。

船長は釣れるというがなかなかアタリが来ない。

まず私に一番に釣れる。コンマイのが!

するとまわりの者もゲットしている。しかも良型ばっかり。私一人取り残されたみたい。

まあそのうちなんとかなるさ!  と言っているうちに陽が西に傾くまで何にも来ない。

e0113508_334454.jpg


台風の生暖かい風で汗びっしょりである。

そうこうしていると、後ろで10mで来た!という声を耳にする。

では20mから巻き上げしゃくりをやってみることに。

すると、どうでしょう。ドスンドスンの連発!

まあまあサイズが来たのでアップ用に!

e0113508_9145783.jpg


いままでキャビンに居た船長が・・・。

そして隣でシャクリ始めた。

向うの方の竿が曲がってますよね! イカを巻き上げてます。

e0113508_9163682.jpg


するとどうでしょ。すぐにヒット!

でもまだ向うの方は巻き上げてます。

e0113508_9182048.jpg


一投一杯のペースで上げ始めた。浮いて来た棚を熟知してるんです。

どこの船長も上手いもんだと感心した。

船長曰く「皆 同じ腕持っているのにこの差は・・・・リグの違いじゃね」 という。

鳥取の「まやま釣り具」が製作しているイカメタル用エギはよう釣れるらしい。

私は餌巻きスッテで終始やっていた。

フグもいるらしく、餌がボロボロになってくる時も・・・!

e0113508_11213621.jpg


少し風と波が出てきたようだ。

時間もあとすこしだ。ラストスパートでシャクッテいると、またまたええサイズが!

e0113508_9252973.jpg


今回予想以上に釣れた事と、良型が多く揃ったのには驚いた。

皆さんもクーラー一杯の烏賊に大満足そうでした。

帰りもSさんの運転で地元に!運転有難うございました。

Sさん他同行の皆さんお疲れ様でした。

また釣行の時は是非誘ってくださいね。


釣果? ちょっと待ってくださいませませ!


オマタ!

シロイカ64杯 スルメ3杯でした。

e0113508_11224781.jpg

[PR]
# by mebaru365 | 2015-07-16 03:12 | 白いか

戦意喪失

本日は定期釣行日。  行先は山陰。目的はシロイカ。

でも天気はこんな感じ!

e0113508_944024.gif



e0113508_9441997.gif



地元を出発して間もなく雨が・・・。


この天気がどうなるのか台風なので先がわかりません。

途中船長方に行き、例の看板どおり定食を・・・(爆)

定刻通り出船。  今夜はいつもより西に走っているようだ・・・。

水深約40m強。 着いて皆さん早速仕掛けを降ろしてシャクッテます。

私もOさんの隣でニューロッドでシャクル。

Oさんの仕掛けはスッテ5本の胴突き仕掛けと手持ち竿の鉛スッテ仕掛けの二刀流。

私は鉛スッテ仕掛け1本で勝負。

船長が「そろそろ誰かにくるはず~!」

間もなくOさんの多点仕掛けの竿が大きく曲がっている。

そしてスッテ5本に対し4杯のイカがずらり!何れも良型です。

そして私にもきました・・・・・。だが、リールがなかなか巻けません。

ポンピングでやっと水面まで・・・「オ~!ええ型のWじゃ!」

慎重に行こうとしたら船長がイカパンチで掛かっているイカをタモで掬ってくれた。

無事船内に!

e0113508_1002951.jpg


船長がブログアップするためパチリと!

さあ今夜は爆か?

だがその後はなんも来んし~1

船長が「今度来るのは19時過ぎかなあ・・・」

そしてその時間になるとOさんに来た。

今度は私か~?と思われたが前の処の客が竿を曲げている。


そして点灯。だがなかなかアタリが来ない。どこかでポロって感じだ。

私にも釣れるのだがまだ10杯行くか行かないか程度。

午後9時。全くアタリが来なくなった。

反対側はぽろぽろ上がっているみたいです。

1時間経ったころやっと1杯追加・・・・。

このペースでは納竿まであと2杯追加?(悲)

完全に戦意喪失している。帰~りた~い♪ 帰れない??。





すると「5mで来た」とか「10mで来た」と言っている。

俄然やる気が出て来た。

よ~く見ると反対側の潮は船の底に向かって流れている。

此方は船から離れている潮。

つう事は船の底の影の部分にいるようだが、イカの向きが常に潮上に向いているから反対側が釣れている感じなのです。

どうやればこれが攻略できるか・・・・。

んでやったのが、船すれすれに竿を出してやれば少しは釣れるのではと考えた。

これが大当たり! まずは5mで!次は10m。そして12mでとポンポンと来る。

時計を見ると午後11時を回っている。

うまくいかねえもんだな。

そして生暖かい風が突風へと変わり始めた。

午後11時半納竿。

今回は運転手付きなので、帰路の途中フィルムが切れてた時がありました。

お疲れさま~!




釣果? ちょ~っと!ちょ~っと!ちょと待てね♫




お待たせしました。

持ち帰った海水で洗いましたが、あとからあとから黒い墨が・・・。

こんだけ~!  JUST30杯でした。

e0113508_11571651.jpg



そうそうニューロッドの使い心地!バッチグーでした。
[PR]
# by mebaru365 | 2015-07-13 10:02 | 白いか