カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プチリベンジ

中国地方も梅雨入り・・。

毎日蒸し暑い日々が続いています。

それでは前回のリベンジのつもりで行ってきました。山陰へ!

天気予報も明日は良いが、明後日は雨・・・。

では明日しかない!   という事で山陰に向けてゴー!

港の入り口にあるポート赤碕に寄ると・・・ブンブン回っていました。スルメが。

e0113508_1117342.jpg


今夜は私を含め総勢7名。

予約が最後なので舳先の位置に!

午後6時前出船。

そして車で15分・・・じゃなかった、船で15分も走ればそこはもう漁場。

周りをみると既に烏賊釣りの船が無数に居り、さながら陣取り合戦の様相を呈していた。

明るい内から皆さん本気モード!

e0113508_11191011.jpg


でも浅くない?っちゅうくらい浅い場所(爆)

e0113508_11232724.jpg


最初に釣れたのが午後6時半。

小型だが美味そうなシロイカでした。

皆さんなかなかエンジンがかからない。

だが艫に陣取っている方々は時折ロッドが大きく曲がって奮闘されているようだ。

羨ましい。

なにやらポツポツと・・・!  予想に反して早く降ってきた。

e0113508_11274618.gif


そしてザーザー降り!  ちょうど緑の辺に船がいる感じ!

今回も雨男健在です。

まあ飽きない程度には釣れるんですが、レンジがはっきりしないので苦戦する。

釣れた方に聞くと「20~25m」 とか「15m」とかバラバラです。

電動でスロー巻き上げでやるもなかなかアタックして来ない。

手持ちでシャクルとドスンと来る。

これは重たい・・。やはりWでした。

e0113508_1134344.jpg


時計を見ると午後10時。あと1時間半ほどか・・・。

雨は益々強くなる。

だが誰一人止める気配はない。タイム イズ イカ !

そして今まで餌巻きスッテに掛かっていたのだが、鉛スッテを緑赤に変更したら・・・なんとなんと入れ掛かり。

納竿1時間前から連掛け!

これを見ていた隣のAさんも同じ色に変えたら来たという。やはりイカは色分けできるのか?

そして午後11時半。納竿。

帰路に着き岡山に入ったら徐々に雨が止んできた。

e0113508_11431671.gif


無事帰宅。

6時間仮眠??

釣果アップです。

シロイカ特大含め38杯

e0113508_11454250.jpg


スルメイカ 6杯

e0113508_11461795.jpg


徐々に良くなる法華の太鼓!
[PR]
# by mebaru365 | 2016-06-09 11:46 | 白いか

予約は辛い

昨晩は山陰は赤碕に行ってきました。

当然の如くイカです・・・が、行く以上は条件がいい時に行きたいものですが、今回は一か月前から予約入れての釣行。

前日は最高の天候だったのですが、当夜はこんな感じ!

e0113508_1212476.gif


e0113508_1214151.gif


港の入り口にある食事処で、腹ごしらえ!

e0113508_12153978.jpg


今夜は総勢9名。

私は予約していたので、艫に陣取る。

魚探にベイトが写りだしたが、余りにも多すぎてなかなかスッテにアタックしてくれない。

でも、掛かればこんなサイズがWで!

e0113508_12192322.jpg


雨は弱くなったり強くなったり。でも風がないので、あまり苦にはならない。

スルメの子が回遊し始めて、沖漬け用に掬う。

e0113508_12215267.jpg


時間はあっという間にくる。 23時半は早くない? せめて0時まではしたかったな・・・。

シトシト雨の中を帰路につく。

今回は大型が混ざったので良かったが、数は伸びなかった。

コンダケ~!

e0113508_12263282.jpg


まだまだ釣果に波があるみたいだ。

良い日に当たりたいなあ・・・。
[PR]
# by mebaru365 | 2016-06-05 12:27 | 白いか

オ・重い!

一昨日、船長からお電話「明日か明後日来ないか?」

「ん・・・では明日お邪魔します」

という事で、昨晩は行って来ました、ア・カ・サ・キ!

夕焼けが綺麗です。  

e0113508_845235.jpg


夕陽撮りたかったが出船が沈んだあとでした~。

午後7時過ぎ点灯。

1時間もするとベイトがビッシリ!

e0113508_8465490.jpg


でもアタリが無い。

ベイトが多すぎて偽餌には見向きもしないのか・・・。

釣れない間は沖漬けの元を追っかけます。

e0113508_8491666.jpg


終了1時間前。底近くをシャクッテいると・・・・

竿先にモゾモゾ感。  シャクッテもフッキングしない。

1m落としてシャクリを入れると・・・ドスン!と来ました。

だが・・・リールがなかなか巻けません。

ゆっくりとポンピングで巻きますと・・・・。

2連です。   しかもデカい!

掛かりを確認して船上に!

船長にパチリ!

e0113508_856966.jpg

(船長のブログから拝借)

測ってみると胴長35cmと33cmでした。

e0113508_903033.jpg


こんなのがWだもん。重いはずです。

この2杯で今夜は許しちゃろう!

午前2時帰宅。即バタンキュウ!

朝釣果写真を!

シロイカコンダケ!

e0113508_8595477.jpg


スルメイカどんだけ~!

e0113508_922316.jpg


まだまだ本格的ではないが、これからが楽しみです。
[PR]
# by mebaru365 | 2016-05-24 09:03 | 白いか

勝負有り

昨晩は走りのシロイカを狙って山陰は赤碕港に行って来ました。

途中休憩を取り、新緑に輝く山々を眺め新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込み・・・

なあんて言ってたら自分らしくなくなるので止めときます。

針葉樹と落葉樹の山肌がきれいに分かれていますね。

e0113508_912167.jpg


山崩れに強いのは落葉樹!弱いのは針葉樹です。

落葉樹は根が地中深くまでいき、岩や山土をしっかり抱き込むのに対し、針葉樹は根が深くいかず、横に這うので、水分を含むと崩れやすい感じです。

ですから、家の裏山にはどんな木々が有るかを知っておいたほうがいいでしょう。

かなり話がそれました。

さて・・・・出港は陽が西に傾きかけた午後6時半。

e0113508_9123313.jpg


遠望の大山がくっきり見えて天気は最高なんですが・・・

e0113508_9134679.jpg


少々うねりがあります。

今日は船長と弟子と私の3人だけ!

潮が流れようがオモリを軽くしようが全く他人に迷惑は掛からない。

船長と弟子は同じ仕掛け。私は例のイカメタル仕掛けで望んだのが後々釣果に大きな差が出てしまった。

簡単に言うと船長たちの仕掛けはうねりに強いということです。

それに対しイカメタル仕掛けはうねりがあると船の揺れでスッテが静止出来ないということだ。

静止出来なければ烏賊が抱き着く間がなかなか演出出来ないっちゅうことです。

これには弱りんこ!

まあこのサイズが来たことで良かったんですが・・・

e0113508_9242864.jpg


終了近くになってうねりも収まりポロっと釣った感じです。

船長たちの半分しか釣れませんでした。

コンダケ~!

e0113508_9264917.jpg


やはりプロには勝てん・・。

勝負有り!って感じな釣りでした。
[PR]
# by mebaru365 | 2016-05-13 09:31 | 白いか

試し釣り

昨晩は今年初のシロイカ釣りに行って来ました。

先日、船長に「イカはまだかな?」というと、「まだこの時期行ったことないでなあ~」

「じゃあ駄目元で行ってみん?」と私が言うと、「ほかにだれもおらんし、一人じゃ無理じゃし~」

「了解!天気的には明日の晩までしかないから、居たら電話して!」

・・・1時間後、船長から「もう一人おったから、出てみっか!」

「了解です~」

という事で、昨日の昼すぎ自宅を出発。

だが・・・、高速道路はノーマルタイヤでOKSIGNは出ているが、峠越えの下の路はもう大丈夫?

いつもは湯原ICで降り、犬鋏を通っていくのだが、心配なので蒜山SAにGSに立ち寄り、

e0113508_9305173.jpg


状況を伺うと、ジェンジェン問題ないとのこと。

少し回り道をしたが、雪山~!っていう景色を楽しみながらいくことが出来た。

e0113508_933638.jpg


午後4時過ぎ港を出港。遠くの大山も雪に覆われている。

e0113508_9344490.jpg


今夜は雨が降ってくる模様。

e0113508_939341.gif


もう一人の方はお魚(チカメキントキ)狙い。

やはり、こちらの客を主とした釣り場に行くらしい。

当然ポイントの水深は80m前後。

ポイントに着いて沖アミをコマセに釣りを開始しているが、私はイカ専なので、電動で底付近をシャクル・・・シャクル・・・シャクル!。

なんも反応がない。

隣の魚釣りのお客さん、豪快なフッキングでキントキと格闘してます。

こっちはそのつもりで来ていないので指を咥えてみてるだけ!

だがやっと私にも釣れた。釣り開始から約2時間。待望の今年初のシロイカです。

釣り上げて・・あら?「船長カゴは?」

まだその気ないけえカゴは家じゃ!」

おいおい。  つうことでバケツにシュート!

当然写メ無し!

そしてシトシトと雨が降ってきました。

でも風が無いんで全く寒くありません。

そしてスルメイカ1杯追加。 今夜はこのままの状態で終わりか?

だがキントキのアタリも無くなったのを機に「中に入ってヤリイカでも釣るか!」

私は2度返事でOK牧場!

そして半分くらい帰った深さOOm付近にイカリを降ろす。

船長が「もうイカ(スルメ)の子が寄ってきとるで」

これは期待が出来る。

そして第一投目からドスンと来た。待望のヤリイカである。

そして順調に飽くことなく釣れた。

そして今度は本命のシロイカが連発する。

だが、空しく雨の中タイムアップ!

e0113508_9582729.gif


最初からここでやっていたら片手は優にいってたと思うが、お魚目当てと同船だとこうはいかない。

船長に「そろそろ夜釣りのイカメインでいいんと違う?」というと、

「この時期だれも来やせんよ。タマタマ釣れたかもしれんし、ここに来る客はみな沢山釣れる時期にしかこんよ」

「じゃけんど、わしみたいなんがおるからこの時期にでも釣れたのがわかるんと違う?」

通年イカ釣りは5月に入ってからが走りと言われ、この時期シロイカ専用で出したことがないという。

私がこの時期行こうと言ったのは島根半島でヤリイカが浅場で釣れているからと思い、駄目元で船長に打診。

あわよくばシロイカもと思ったからだ。

浅場にシロイカは入っていた。いや入っている!

今後の動向が気になるところである。

・・・つうか船長次第だけどね!わたしゃ船持ってないもんで(爆)

んで今回の釣果は3種盛りです。

シロイカ14杯  ヤリイカ7杯 スルメイカ1杯 という結果になりました。

e0113508_10161644.jpg


おしまい~!
[PR]
# by mebaru365 | 2016-03-05 10:17 | 白いか

メタボ

昨晩、山陰は赤碕に行って来ました。

午後4時半出船。

大山の山に雲がかかってます。

e0113508_1022767.jpg


少々波&うねりの中をポイントに向かってます。

e0113508_1023219.jpg


着いたらすっかり暗くなって灯りを!

e0113508_1024051.jpg


だがなかなか釣れません。

やっと来たのは1時間経って。

でも型は大きくはないが太ってますね。

e0113508_10252554.jpg


でも棚が深く数も伸びませんでした。

帰る頃に凪になり終了!

思うようにはいかないね。

結局釣れたのはコンダケ~!

e0113508_10272632.jpg


船長曰く「今夜はサバフグが多いね」

そうそう私も2匹釣ったし、エギのラインをかみ切られました。

でも小さいイカがいるという事は、12月に入っても釣れる可能性があると言っていたが、この時期になると更に季節風が吹きなかなか出船出来ない日が多くなってくるのも確か。

良ければもう一回は行きたいな。
[PR]
# by mebaru365 | 2015-11-04 10:30 | 白いか

久しぶりに

昨晩は近所のNさんとOさんとで山陰は赤碕に行ってきました。

今夜を逃せばベストな日はない!

e0113508_9533843.gif


7名で出船。みんなO市の同じ地区の方々ばかりだ。

予報では1mのち0.5mとのことであるが、出船時は少々うねりが残っていた。

e0113508_940660.jpg


約1時間弱で釣り場に到着。水深60m強。

まず最初に私に2連荘。 これは幸先が良い!それとも痩せ馬の先走り?

他の方もポロポロ上げだした。

4人のグループの釣り方は昔ながらの釣り方。

つまり5本のウキスッテに60~80号のオモリを付け、電動リールで超スロー巻き上げでアタリを取っている。

われわれのグループのNさんは2~3本のウキスッテに底に鉛スッテ。電動リール使用。

Oさんは3本のウキスッテにオモリ60号の電動。そしてウキスッテ1本と鉛スッテの二刀流。

私はエギング用18号の下に鉛スッテのみ。

午後5時半 灯りが点灯。 さあ今夜はどの棚で食ってくるか・・・。

舳先が東に向いていたので北側の後部付近に陣取った。

なぜならすでに月がでており、少しでも船影の部分が良いのではと思ったからだ。

最初は底近くで釣れ出し、徐々に浅くなり50m・・・40m付近で釣れるようになり、一時20mラインでのアタリが連発。

しかしすぐにアタリの棚が変わり、一気に20mも深くになってしまう。

今夜は潮があまり飛ばないので鉛スッテをワンランク軽くする事に。

これが良かったようだ。竿先への負荷が軽減される事でアタリがより鮮明になり、極小アタリで掛けることができだした。

その前は重たいスッテを使っていたのでステイした状態で、既に竿先がおじぎしていたので、烏賊がカンナに触っていてもわかりにくく、持って行って初めて竿先が絞り込まれるような感じであったが、軽くしたことにより、今触った!ってのが良く分かるようになり、下からの突き上げ気味のアタリで竿先はフワ~とするのが良くわかる。

これで40mラインで連荘です。

e0113508_1083452.jpg


隣のNさんは釣った烏賊を餌に大物を狙っていた。

そして「来たぞ!」

上がってみてビックリです。5.6kの大鯛です。

e0113508_1012467.jpg


その後も50cmクラス1匹を追加。大満足です。

そろそろ終了の時刻を迎える時になって波気は全く無くなり後ろ髪を引かれる思いで納竿しました。

終ってみれば私が竿頭ではあったのであるがレンジが深くそれだけ手返しが遅くなったような感じで、レンジが浅ければもう少しいったかもです。

今回の結果

シロイカ JUST 70杯

e0113508_10191537.jpg


スルメイカ お持ち帰り5杯

e0113508_10194129.jpg


マツイカクラスはNさんが持参した沖漬けにシュート!

あ!沖漬け貰うのを忘れてた!

久しぶりに気持ちのいいイカメタルでした。

おしま~い!
[PR]
# by mebaru365 | 2015-10-24 09:51 | 白いか

やっと行ける

先日来の台風の影響で・・・

e0113508_9422937.gif


山陰もうねりや風が続き・・・

温帯低気圧に変わっても・・・

e0113508_9435069.gif


うねりや風が治まらなかった。

しかし昨日は絶好の烏賊日和。

e0113508_945571.gif


S市のTさんとお出かけしました。

波も無く(ちょっとうねりがあった)順調にポイントへ!

e0113508_9461859.jpg


闇夜であるから烏賊が浮いてくることを信じてひたすらシャクリ続けるも・・・!

なかなか浮いて来ない。

やっと40mラインでアタリが集中。

だがすぐに50m、そして底付近となってくる。

元気のいいのはこいつばかり!

e0113508_9495938.jpg


Tさんに撮って頂きました。

e0113508_17243228.jpg


そのうち艫のお客が釣ったスルメを餌に平目をゲット!

e0113508_9561523.jpg
(船長のブログからお借りしました)

結局 終わってみればいつもの釣果と変わりなし。

シロイカ31杯

e0113508_9591581.jpg


シロイカ1杯 スルメ15.5杯

e0113508_1002132.jpg


15.5? そうなんです。

上げる途中フィッシュイーターに横取りされて足だけ上がってきました。

たぶんサワラでしょう。

S市のTさんお疲れさまでした。
[PR]
# by mebaru365 | 2015-10-15 09:52 | 白いか

嵐がやってくる

昨晩、ちょこっと言って来ました。

行った場所はレモン島。

現場到着時間は午後10時。 ん?遅くない?

そう!決断したのが夕食を食べた後の午後8時前。

西から雨が・風が迫って今夜しかない。 そう思ったらうずうずしちゃって!

まずは鉄板から・・・。先客いました。聞くと地元の方のようです。

快く隣に入れて頂きました。

しかし反応がない。  やはりここは引きのポイントみたい。

また入り直そうと移動。

次に大橋手前の小波止。人人・・・で断念。

手前の護岸も3人のエギンガーZです。

そして引きに入ったようで元の場所に。

誰も居ません。地元の方も帰ったようです。

鉄板から南西に大遠投。

流れに任せてラインが落ち着くのを待って2~3回シャクッテロッドを立ててアタリを・・・。

モゾっときました。

上がってきたのはこんな型。

e0113508_94453.jpg



しかし反応無くなったので、立位置変更。

すると手前のブレイクで、ゴソっとした感触。

e0113508_979100.jpg


ちと小ぶり。

そして同場所もう1杯追加。

e0113508_98829.jpg


反応もなくなったので観光港側に移動するがアタリないので終了。

自宅に帰ったら午前3時前。

朝起きて天気見たらこんな感じでした。

e0113508_9113559.gif


ボーズじゃなかっただけでもええとせんと!(爆)
[PR]
# by mebaru365 | 2015-10-01 09:13 | アオリ

貴重な珍客

昨日は山陰は赤碕へシロイカ釣りに行ってきました。

前日「船長 明日か明後日船出る?」

こんな大月夜に誰もこんが!まだあんた一人じゃ」

んで翌日曜日の朝、「今夜来れる?S市のTさんが行きたいって言うてきたんよ。」

渡りに船。二つ返事で「行く往く~!」

という事で、S市のTさんに連絡。一緒に行くことに。

港には1時間早く着いた。

同船される方が一人。 計3人です。

私は後部に。Tさんともう一人の方は前に!

ポイントまで1時間強。水深70mはあるらしい。

そして夕暮れ時。 

歌の文句じゃないけれど・・・

「月は東に~♪」

e0113508_9413283.jpg


「陽は西に~??」

e0113508_9425829.jpg


今夜は大潮満月。 釣れないのは承知の上。

でも我々は釣果うんぬんではないのだ。

釣りをしているだけで至福なのだ。

風は台風の影響もあるのだろう。東よりの風が吹くがそれほどでもない。

e0113508_9463724.gif


ポイントに着いて仕掛けを底に下した瞬間、ドスンである。

こりゃ今夜はええかも・・・。 他の方も同じくドスンドスンです。

でも大きいのは来ませんね。これがMAXかな!

e0113508_949917.jpg



rangeはベイトの反応が30m前後でしたから25~40m付近でよくあたりました。

なんだか船長が叫んでます。

「タコガイが一杯おるっちゃ!」

んでタモを用意するも少しポイントが遠く届きません。

そのうち沈んで行ってしまいました。

船長に聞くとなかなか取れないらしく貴重なモノらしい。

貝にタコがくっついているらしいが、私はまだ見たことはない。

そしてそれは突然訪れた。

置き竿にしていたロッドのティップが微かに動いている。

これは烏賊来たかな?

リールを巻くが、全く抵抗感なく上がってくる。

そして船べりに上げたら・・・・・なんとさっき船長が掬おうとしていたそれだったんです。

船長が「すぐ割れるから気を付けてな」と言う。

上がったところをTさんに撮って頂きました。

e0113508_1728108.jpg


ほんとだ薄っぺらな貝の中に小さなタコが潜んでいた。

e0113508_101239.jpg


角度を変えて・・・

e0113508_102568.jpg


中のタコが透けて見える。

e0113508_10323.jpg


午後10時半納竿。

早速自宅に帰ってPCで調べてみると「葵貝」という事が判った。


さて釣果であるが、月夜の晩にしては良いほうである。

シロイカは JUST50杯

e0113508_10191221.jpg


スルメイカ 7杯

e0113508_1019491.jpg


そして間違って鉛スッテを飲み込んだ サゴシ1匹

e0113508_1021866.jpg


何処まで飲み込んどんじゃ!

e0113508_10214750.jpg


そして珍客の葵貝

e0113508_1023956.jpg


大きさ的にはこのサイズです。

e0113508_10243094.jpg


ちょっと抑えれば割れそうなくらい薄い。指の影が映ってます。

e0113508_10254788.jpg


早速サイドボードに飾りました。

Tさんお疲れさまでした。 また行きましょう。

おしま~い!
[PR]
# by mebaru365 | 2015-09-28 09:34 | 白いか