カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

大下島一文字のアジ

e0113508_21134094.jpg

これはメバルを釣りに行って、明るい内にアジ釣りをした時の釣果ですが、船釣りに負けをとらぬ型には驚かされました。
写真は撮ってないのですが、帰りの渡船待ちの時間に2隻もプレジャーボートが来て、波止横付けでした。潮が流れていれば食いが立ちましたから、アジ専門に狙えばクーラー満タンは確実かな?
[PR]
# by mebaru365 | 2007-07-22 21:19

田島・箱崎港のチヌ

今日、ブラ~とチヌ釣りに出掛けてきました。渡船を使うのはもったいない気がして、地波止で

どこかないかと考えていたら、田島を思い出した。

さっそく現地に着いてビックリ、いっぱいの人だかり。なにを釣っているのかと尋ねるとイワシや

コノシロだという。今日はコノシロが良く釣れているらしい。型も40cmクラスが多いとの事であ

る。
e0113508_2243543.jpg


目の前に阿伏兎観音が見え、その前を行き交うフェリーを眺めながらの釣りは最高である。
e0113508_2248376.jpg


わたしの隣ではブッコミでチヌを狙っている。すでに2匹釣っているとの事である。

深さを測ると竿3本くらいはあった。沖がいいのか手前がいいのかわからない。

竿2本沖を釣ることにした。

あまり流れがないからとても釣りやすい。

釣り始めて30分したころ待望の1匹目をゲット。30cmくらいの型だ。

そしてその5分後、2匹目がきた。少し小型だ。

しかし、午後から潮が変わって、全くアタリが無くなった。もう駄目だと自己判断、約4時間の釣

りではあったが、チヌの顔を見ただけでもいいとしなくては。
e0113508_2302965.jpg



帰りの内海大橋からの眺めは気持ちよい。今夜はこれで一杯飲もう(^_^)v
e0113508_233926.jpg


FULLBEND
↑↑ブログランキング参加中!

[PR]
# by mebaru365 | 2007-05-22 23:03

曇りのち雨のち強風波浪

5月12日、西から低気圧が接近中にもかかわらず、釣行した。

当初は***島の東の島の岩場を予定していたが、風向きが悪く断念した。

船長、お勧めの場所に上がったが名前が分からない。暗くなっての磯上がり故、沈みが何処に

有るか見当もつかないが、とりあえず竿出しする。

ん?その内冷たいものが・・・。しかし、さほどのこともなかったので、雨衣は着なくてすんだの

は良かったが、正面、横からビュービュー風が吹き出した。メバル日和にはほど遠い天気であ

る。今更、愚痴をこぼしても始まらない。

案の定、1時間経ってもメバルは釣れない(涙)

きたのはスズキに近いハネ1匹のみ。
e0113508_9494124.jpg


今度こそはと、早や次の釣行が頭の中に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!
[PR]
# by mebaru365 | 2007-05-13 09:51

海 満喫

e0113508_14453434.jpg

昨日、釣り友と下津井の与島に釣りに行きました。与島の観光船が行き来するのを見ながら、ゆっくりと過ぎて行く時間を楽しみました。釣果?聞かんでやってください。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-04-25 14:45

カンダイ in因島

昨日、無性にカンダイが釣りたくなった。 というのも釣り友がカンダイの引きに圧倒されたらし



く、「チヌの引きなんて目じゃないですね」って言ってたのを思い出したからである。


あわよくばチヌをゲットできるかも・・・と。


午前7時岡山を出発、目指すは因島のとある漁港
e0113508_22321482.jpg


着いた時、丁度干潮前で潮が弛んでいるのでさっそく竿出しする。


釣り始めて10分、ウキが根がかりしたかな?と思って竿を立てたら一気に沖に走った。


ラッキーであった。簡単にタモの中に入った。


検寸しようと思ったがメジャーが無い。40cmは軽くオーバーしている。
e0113508_22384454.jpg


これはいけるかと思ったのもつかの間、潮が走り出し釣りにならなくなった。


ベラを1匹追加したのみであるが、目的のカンダイを釣れた事で目的完了出来たことで、満足


したので気持ち良く納竿出来た。
e0113508_22432038.jpg


FULLBEND
↑↑ブログランキング参加中!
[PR]
# by mebaru365 | 2007-04-23 22:53

下津井沖 鍋島のチヌ

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

釣れんかったです。

波は無く最高の日だとおもったのですが、一昨日の冷え込みがこたえているのか、全くつれま

せんでした。

e0113508_19424168.jpg


しかし、しか~~~~~~~~~し、連れは釣りあげたのです。
e0113508_19442614.jpg


大したものです。すでにこの場所には何回か足を運んでいるらしく、ポイントは知っていたらし

い。こちとらは初めての釣り場だから、潮がどう流れるのかさっぱりでした。

しかし、今の時期だから期待はしていなかったから気楽に竿を出し、、瀬戸大橋を目の前に眺

めながら釣り糸を垂れるなんて最高の贅沢でした。

行き交う船を眺めながら、のんびりとした一日を過ごせたことに感謝です。
e0113508_1953548.jpg


e0113508_19533066.jpg

[PR]
# by mebaru365 | 2007-03-22 20:03
e0113508_1015426.jpg


本日、安田釣り具でこのようなものを買って帰りました。

ロッドもないのに買ってど~~~~~すんだと思ったけど、パソコンテレビのGYAO見てたら釣

れる気になってしまいました。

メバリング入門・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・かな?
[PR]
# by mebaru365 | 2007-02-21 10:21

暖冬による魚への影響

今朝、起きて何気なくテレビのスイッチを入れると何処かの魚市場をしていた。


そこには大きなタコが映り出されていた。今年は暖冬で収穫が悪いと言っていた。


「現在の水温14度。(東京の、とある港)、普段より2度ほど高い」と言っていた



高いとどうなるのか、人は暖かくてしのぎやすいと思うかも知れないが、自然界では微妙にサイ


クルが狂ってきているようである。私には難しいことはわからないが、気温が下がらないというこ


とは雪が降らない。雪が降らないということは、雪が少ない。これは当たり前。しかし、これが魚


にどう影響するかというと、山に積もっている雪が川に流れ込み、この雪解け水が海へと流れ込


んで海水が冷やされる。その時、水温が低ければプランクトンの発生が多くなり、それによる食


物連鎖が起こりうるのであるが、それが今年はそうはいかないのでは・・・ということである。
e0113508_8145043.jpg

それともう一つ、貴方は山間部に「海洋・・・・何とか」という看板を見たことはありませんか?


これは木があることにより色んな微生物が発生し、これらが川に流れ込みやがて海へと流れ込


んでいるのです。海の生き物は我々の身近にある木々が養っているということなのです。


これは海苔の養殖に大きな影響があるようです。木が無ければ人間にも大きな影響を有らせて


います。山崩れは木の根が踏ん張っているから起きないのであって、それがなかったら起きる


のは当たり前です。


今年はこれから上り鰹の季節ですが、はたしてこの暖冬・・・上って来るのでしょうか。


メバルは?・・・・・・・・・・・・わからん(>_<)(>_<)
[PR]
# by mebaru365 | 2007-02-14 09:09

他人の釣果は単なる参考

ある日、大釣りした釣り人が釣具店で自慢話しをしていた。

「入れ食いよ入・れ・食・い!」とみんなに話していた。

その様子を聞いていた釣り人「よっしゃ!わしも行ってみよう」という事で次の休日

に出掛けたらしい。

が、・・・・「全然アタリのアの字はあったが、チビがポロっと釣れただけ」の結果に終わってしまい

ました。

貴方はどこがいけなかったかわかりますか?

(そうなんです。川崎さん・・・ん?どっかで聞いたセリフだなあ。歳がわかるっちゃ(>_<))

そうなんです、潮周りが一週間違うんです。

つう事は潮の大小、流れの強弱・・・まったく違うからなんです。

そして、その日の天候条件はどうだったのか。すべてが違うと思います。

魚はそこにいるのは他人の釣果でわかったと思います。

他人の釣果のニュースの月齢・潮時・潮位を自分自身で納得できるように分析して、次の潮周

りまで待つだけの心構えが必要です。
[PR]
# by mebaru365 | 2007-01-26 20:49

メバル専科

 
e0113508_19512538.jpg
今から24年前に釣りの友社から発売された本だ。昔のメバルフアンには懐かしい本であるに違いない。
 私はこの頃はまだブツエビの撒き釣りはやった事がなかった。というのも私が住んでいる岡山では、あまりする人が居なかったからである。
 この本の筆者は中北清数さんという方で昭和3年和歌山県に生まれ、鮎釣りをスタートに戦時中は東京の多摩川での川釣り、山中湖釣りのおもしろさを知った。
 戦後から本格的に釣りに没頭し、川から海とあらゆる釣りに夢中になったそうです。
 たまたま、昭和26年に姫路に移り住んで以来、小さな大物に魅せられて一年中各地を釣りあるいていたそうです。
 昭和55年春から『実践メバル釣り教室』を中北若竿のペンネームで連載していました。
メバル釣りは普通春の釣りとされて他の季節は小物扱いされているのは心外といって、オールシーズン専門に楽しめるジャンルをこの本の中で詳しく綴っていらっしゃいます。素晴らしいの一言です。
e0113508_2029954.jpg

 
[PR]
# by mebaru365 | 2007-01-24 20:30