カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:アオリ( 12 )

RUN GUN

昨晩は半夜予定でしまなみをランガンしました。

今年初のアオリ釣行!

出発は夕方2時間前。 ターゲットに選んだのがOM島。

まずは高速降りて右に行きたいところであったが、とりあえず食料確保で左折。

そしてUターン。

まずは南周りで、車で降りれる場所の小さな突堤。 

ド干潮なので2号エギでやってみる。

水深1m強! 即藻掛かり。 1.8に変更(爆)

即クイ!

上がってきたのはこのサイズ。

e0113508_1061819.jpg



2杯目も同サイズゲット。

O田さんはというと、シャクリにちょっと違和感あったのでレクチャしたら、即釣った(爆)

e0113508_109227.jpg


夕陽が綺麗です。

e0113508_109419.jpg


アタリも無くなったので本命ポイントにIDO!

西の長~いテトラ護岸。

既に本命ポイント前には地元の軽トラがこれからっちゅうところでした。

手前の空地に

ここもまだまだ浅いので1.8でやる。

先行の方は2.5~3号のようだ。  遠投してバシバシやっている。

私はその方の15m隣で・・・、O田さんはその10m隣でやる。

O田さんに「あまりバシバシやったらいけんよ。浅いからエギ飛び出してくるし、手首を軽く返すシャクリでええからね!」

っと、おっさんに聞こえるように言った(爆)

するとここでO田さんにヒット!

当然私にもヒットしてます。不安定なテトラの上なんで、写メは無し。

おっさん いつの間にかIDO。

そのあとへ2人入って1杯づつ追加(爆)

ここの釣り方は、弱めのハイピッチショートジャークを2~3回するだけでOK!

そのあとはロッドを7~80度の角度で上げて待つ。その間3秒くらい。それを繰り返す。

アタリは立てたロッドに重みが加わり、ゆっくり前に倒れるか、手にモゾっとかコツっと伝わってくるかだ。

ゆっくり倒れる時はアオリがエギを抱いて持って行っている状態なので、ゆっくりロッドを立てるだけ。これでグンと合わすとゲソテンになりかねません。

そしてモゾっとかコツっとか手に感じられるようなアタリは、軽く手首を返すだけで十分。

このようなアタリは掛かりが浅い場合があります。コツっと来るときはイカパンチのようなアプローチが多い可能性あるからです。 寄せる時も強引にやって触腕1本じゃったって事もありますから。

ひと頃やって移動しますが、平日というのにどこも人人人!

仕方なく手前の島の犬が吠えるポイントでやりますがまだ本命の流れではないのでIDO。

その後数か所回ったものの、アタリ無し。

島が変わっただけでこうも違うのか・・・。

日付変更線近くなりました。今夜は半夜釣行と決めていたのでここでタイムアップ。

まだまだ本格的に釣れるのはもう少し先かも。

今回はコンダケでした。

e0113508_10422122.jpg


ここで、今式のポイントの検索方法をお教えしよう!

貴方はスマホ?それともガラケー?

ちなみに私は未だにガラケー(爆)

スマホを持っている方に良い方法をお教えいたしましょう。

先ずスマホの地図を表示させ、現在地を拡大します。

すると海の底まで見えると思います。

そして、黒く見える部分がブレイクだと確認できます。

その場所は岩や藻がある部分だと確認出来ます。

そんな場所にアオリが潜んでいるはずです。

下の地図で部分にアオリが多く居るはずです。

e0113508_21475467.png


昼間は偏光等で確認できますが夜はこういう使い方でポイントを探すのもいいのでは?(笑)

これも参考に!⇒You Tube

さて来週はメバルです。

おしまい!
[PR]
by mebaru365 | 2017-09-22 10:43 | アオリ

悶々と!

毎日庭木の剪定に勤しみ、悶々とやっておりました。

e0113508_12554941.jpg


・・・・が!

今夜は風も弱くおぼろ月夜。

「おい!今夜の夕飯はなんじゃ?」「ハンバーグ!」

ハンバーグか・・・・。ハンバーグくらいはくるかなあ。

「おい夕飯食べたらちょっくら行ってくらあ!」

・・・という事で、午後8時過ぎ自宅を出発。

とりあえずビール!・・・じゃなかった、OM島へ行くことに。

高速降りたのが午後10時を少し回っていた。

降りて右に曲がってすぐ左に!

浄化槽の嫌な臭いのそばに車を止めて、テクテクと・・・。

まだ沈んでいない・・・。

先端から第一投目から来た!

e0113508_1341739.jpg


幸先良し!      だがあとが来ない。

だいたい場所について第一投目に来ることが多い。

だが墨をまき散らしたら後が来ん!

そこで移動。北に周ることにした。

彬を過ぎ、ここはOM島なのに地名が鳥取(爆)

先行者1名。地元の年配者がおられたので釣況を伺う。

「墨跡は多いんじゃが、わしには釣れん。毎年数が減って来よった」

ここはその方とお話しただけでスルー(釣れたら悪いっしょ!)。

そして大きく西に移動。

着いたのがOM港。一つの電気ウキが波止の内向きに漂っていた。

ガッシーを狙っているとのこと。

今夜は私は魚を釣る予定がないので、「あーやってこうやって・・・!」と教えてあげたい講釈が言えない。

だがここの波止には墨跡皆無。 即スルー!

そして南に移動してMK桟橋まで行こうと思ったが、どうせ場所がないだろうと諦め、途中 島を縦断。

S集落に出て、右に曲がるとH山の車が止まってたのでスルー。

トンネルの手前には誰も居ないので、四角い庵治石の隣に駐車。

テトラの上から投げた・・・ロッドの先端から異音。

PEがからまったようだ。先端のよれを戻していたら何やらPEに重みが・・・。

ここは浅いから根に掛かったかな?  たるんだPEラインを巻いているとドスン!

やっぱ根掛かった・・・と思いきや、ティップがブワンブワンしている。

底にstayしてた時に抱きよったんかいな!

慎重に浮かす・・・。

手前にはテトラ。水面まで降りられない。  どないしょう・・・。タモは車ん中・・・。

掛かり具合を見る完全に抱いている・・・はず!

リーダーは1.75。身切れするかもしれん。

一か八か抜き上げるっきゃないでしょ!

水を大きく吐き出すタイミングを見計らって・・・よっこらしょ!

何とか上がったぞい!

これです。

e0113508_13351118.jpg


まあ抜き上げれるくらいですから大したことないんですがね(苦笑)

しばらくすると車が来ました。H山ナンバーでした。夫婦?モンでした。

何号エギ使っているのかと聞かれたので「3号」って答えた。

「浅いから2.5にしようかと思ってたんですが」

というので、浅くても大きく成ってるんで活性があるやつなら一気に抱いて来ますよ」

なんて先ほど釣れたイカの写真を見せた。(釣れてなかったらこっちが聞いてたかも~!)

そして場所を移動。

今度はOM島ブリッジの下に・・・。またまた先行者2名あり。

養殖場付近まで進んで車を止め、シャクルが流れが速くなって、イカも泳ぐのがしんどかろうと思い移動。

今度はS港の南のテトラ。ここは下げ潮に出来る潮目が湾内に流れた時によく釣れた事がある。

何投目かに良い流れが出来た。 

目いっぱい投げて6カウント。大きくシャクッてドリフトさせていたら、手のひらにモゾっとした違和感が伝わって来た。

即手首返し。ドスン! 大きく思えましたが、急流の中だったのであがってきたらレギュラーSIZEでした。

e0113508_13553953.jpg


だがあとが来ません。

午前2時。引いて2時間は経つ。最初の場所に行ってみることにした。

ここで釣れなかったらコンビニに行ってお食事でもすることにした。

来た時と同じくらいの潮位だ。

だが流れは違っていた。 ここは引きのほうがいいのだ。

沖のアマモゾーンに向いて流れるからだ。

そしてまたまた一投目に来ました。

e0113508_1413025.jpg


もう潮が引きすぎた感があるので、止めることに・・・。

っつうより腰が痛い。歳です。若い頃は明るくなるまでやってたんですが、今は体力温存しないと持続しません(爆)

っというわけでコンビニに・・・。

途中、牡丹鍋の主役がノウノウと道を横断!50kくらいか・・・。

もう今日の品物がどっさり入ってました。

暖かいOOを食べて、帰路につきました。


今回はジェンジェンダメでしたが、気晴らしのつもりで行ったのですから、釣果なんてどうでもいいんです。

んで、コンダケでした。

e0113508_1482473.jpg





そうそう明日発売の某釣り雑誌にド貧果の釣行が載ってるはずです。

観ても参考になりませんので悪しからず!

おしま~い!
[PR]
by mebaru365 | 2016-10-19 14:11 | アオリ
昨晩はそろそろ台風の余波が入ってくるかもと思い、急きょ行ってQ!

午後9時 到着したのは塩島の石波止横護岸。

一人の青年がシャクッテました。 何処から来たのか聞くとイマハリからだそうです。

わざわざここまで来なくてもいいとこイッパイあるんじゃないのかと聞くと、「あちらはシャクリ手が過密でこちらに・・・」との事でした。

まだ沖の沈みが出ているので慎重にシャクルとクイっと来ました。

e0113508_12214185.jpg


内側でも一杯!

e0113508_12232272.jpg


満潮になってアタリが無くなり、今度はベアマウスにI・D・O!

地元の子供らがシャクッテますが、今一とのことです。

波止元から沖の一文字横でクイっときました。

e0113508_1226775.jpg


今夜は月が出たり入ったり・・・。灯りの下は調子よくないようです。

隣の石波止で一杯追加。

e0113508_12303847.jpg


またまた南の連絡船乗り場に・・・。

一人の老人がタマアミ持ってなにやら追っかけてました。

何を狙っているのかと聞くとカマスらしいです。

ワーム持って来てたら狙ったかもです。

ここでこれ!来ちゃいました。

e0113508_12333373.jpg


山陰ではシロイカ・・・。ここではケンサキっていうんでしょうかね?(爆)

ご老人が「こりゃアオリよりうめえぞ」って言ってくれました。

そういやあ山陰行きたかったけど、行けんからこっちにきたんだっぺ!(苦笑)

ここもシャクリマンが出たり入ったり。かなりスレてます。

またまたI・D・O。今度は一つ手前の島へ。

高速降りたすぐの沈み突堤へ。

そして投げる度に烏賊パンチ!かなり攻められているようです。

でもエギを少し大きくしたら乗ってきました。

e0113508_12405357.jpg


しゃくった後の沈下スピードが速かったので思わず反応したかもです。

ここから大きく北に周って、フェリー発着横の長波止に行くとちょうど帰ろうとしたシャクリマンがいたので釣果を伺うと、全くアタリがないとの事でした。

私もやってみましたが、無反応。墨あともさほど多く有りません。

時計を見ると午前3時半。

そろそろ帰ろうかと高速入り口に向けて走っていると、尺サヨリが出るポイントでシャクッテいる方がいました。

その隣の突堤が空いていたので、駄目元でシャクリます。

投入してカウント3・・・。グっときました。でも・・・これアースでした。アマモです。

カウント3・・・沖で水深1mじゃん!

では着水と同時に・・・・・エギの飛び出しを防ぐために横シャクリ!

これがよかった。久々のドスンです。

今回の今日一です。

e0113508_12511735.jpg


これを機に調査終了!

帰宅したのは午前5時前。風呂入って寝たのが5時半。目が覚めたのは午前11時前。

そしてアップ。

今回はやっと2桁。

e0113508_1255946.jpg


こっちのほうが大きく見えるかな?(爆)

e0113508_12561059.jpg


年々減っているような感じです。やはり乱獲でしょうね。

山陰のイカも近場に居らず、だんだん遠くになっている感じ。

これも乱獲?高水温が災いしているのかもでしょうか・・・。
[PR]
by mebaru365 | 2016-09-17 12:59 | アオリ

秋アオリ

週末は山陰へ行く予定だったが・・・・

これでは行く気がしねえ!

e0113508_2048021.png


だが山陽はまだ雨の気配は感じられない。

e0113508_2049435.png


風もさほどでもないので・・・・ムズムズしていたのがモコモコと!(爆)

午後8時過ぎ、夕飯も食べたし・・・下げ潮狙いで行くとすっぺ!

行先は大〇島の西。

長~いテトラ護岸に行くことに・・・。

到着したらすでに我が県ナンバーが居た。

既にGUNされたあとのようで、アタリは無い。

そして南の0橋に移動。

ここではH山から来たという若者が二人いたので、声掛けして隣に入らせていただいた。

二人の方はアジングらしい。

私はエギングしようと思っていたが、砂虫を持参していたのでメバルをやる事に・・・。

だが釣れる型は15cm前後。数匹釣ったところで止めようと思った。

するとH山の方のロッドが大きく曲がっていた。

玉網で掬ったのは30cmクラスの真鯛。

そして次に上がったのが30cm弱のアジ。だが単発のようだ。

私はここで移動をする。帰りどこか良い場所は無いかと車を東に向けたが、途中何か所かあるにはあるが、一人では怖い。

怖いというのは暗いから怖いのではない。

今の時期よく遭遇するのがイノシシ!

歩いて道から海岸までの一本道だから、前から来たら避けようがないんです。

っつうことで、東側のA崎港行ってみた。

先端には数人の釣り人が陣取っていたので、波止の元の灯りを攻めてみることに・・・。

数投目にクイっときた。

上がってきたのはこのサイズ。

e0113508_21123018.jpg


その次もこのサイズ。

e0113508_21131045.jpg


こりゃダメじゃ!あと半月っちゅう感じでした。
[PR]
by mebaru365 | 2016-09-04 21:14 | アオリ

嵐がやってくる

昨晩、ちょこっと言って来ました。

行った場所はレモン島。

現場到着時間は午後10時。 ん?遅くない?

そう!決断したのが夕食を食べた後の午後8時前。

西から雨が・風が迫って今夜しかない。 そう思ったらうずうずしちゃって!

まずは鉄板から・・・。先客いました。聞くと地元の方のようです。

快く隣に入れて頂きました。

しかし反応がない。  やはりここは引きのポイントみたい。

また入り直そうと移動。

次に大橋手前の小波止。人人・・・で断念。

手前の護岸も3人のエギンガーZです。

そして引きに入ったようで元の場所に。

誰も居ません。地元の方も帰ったようです。

鉄板から南西に大遠投。

流れに任せてラインが落ち着くのを待って2~3回シャクッテロッドを立ててアタリを・・・。

モゾっときました。

上がってきたのはこんな型。

e0113508_94453.jpg



しかし反応無くなったので、立位置変更。

すると手前のブレイクで、ゴソっとした感触。

e0113508_979100.jpg


ちと小ぶり。

そして同場所もう1杯追加。

e0113508_98829.jpg


反応もなくなったので観光港側に移動するがアタリないので終了。

自宅に帰ったら午前3時前。

朝起きて天気見たらこんな感じでした。

e0113508_9113559.gif


ボーズじゃなかっただけでもええとせんと!(爆)
[PR]
by mebaru365 | 2015-10-01 09:13 | アオリ

勲章

昨日はメバル釣りの予定でしまなみに行き、ちょっと早目に到着したのでシャクッテみました。

場所はこんな感じの処。

e0113508_15355842.jpg


用意をして第一投目の出来事。

足元に墨跡ある場所で2号エギブン投げ!

底に落とし、大きく3回シャクリ!

そして5カウントしてクイックでシャクリ・・・・・ドスン!

身切れを考慮してドラグがズルズルでした。

ジュイ~!って感じでPEが出っぱなし。

アイヤ~!スプール抑えてブレーキング。

魚かな? イヤイヤ金属的な感じじゃありません。

ブワンブワンとするロッドテンションはイカそのものの引き!

ヤバイ!タマアミも何にも用意ナッシング。

足元まで寄せたところで水際まで降りて行って、エギを持ち上げた瞬間・・・

ブチュ~~~~~!

やってくれました。顔面噴射ならず全身噴射!

そんな事は言っとられません。  とりあえず上まであげにゃあ!

という事で上がったのがこのお方!

e0113508_15474251.jpg


胴長25cm。立派な雄親です。

でも、これはちょっと酷くない? これからメバル釣りに行くって時に!

ベストの予備なんて持ってきてないもん。

e0113508_15485957.jpg



雄が居れば雌も・・・。

居ませんでした。極小ミニサイズは追尾してきたけどね・・・。

帰って洗濯したけど、取れませんでした。

これ付いたままで釣り行こうかな。だって勲章だもん(爆)
[PR]
by mebaru365 | 2015-09-20 15:55 | アオリ

アオリ調査2

昨晩アオリ調査行って来ました。

天気もこんな感じでええんとちゃう?

e0113508_3432054.gif


今回は塩島。 まずは激流石波止ポイント。

浅くてどんなにもならないので隣のコンクリート波止の元付近からアプローチ!

着水して2回目のシャクリでドスン!・・・いやトスンかな!

e0113508_3495110.jpg


同方向でまたまたトスン!

e0113508_3504568.jpg


流れが強くなったのを機に、ベアマウス波止に移動。

テトラ一文字際から手前にシャクッテ来るとミニが来たが、お帰りいただく。

そろそろ満潮前・・・。おや?水面に波紋・・・。雨です。

見ると・・・

e0113508_354466.gif



ちょっと予定より早いんと違う?

時計を見ると午前0時過ぎ。

半夜の予定だったのでまあいいか・・・と車で帰路についたものの、またまた手前の島で降りちゃいました。

ここは5本松FT。護岸が綺麗に整備されて釣りやすそう。

まずはブワンブワンする鉄板の上から南に向けて遠投。

潮が引きに入っていて右に流れる。流れに任せているとドスンと来た。

e0113508_402984.jpg


今度は整備された護岸に座って西向きにアプローチ。

そして沖の潮の弛みでドスン!

e0113508_414792.jpg


ここでミニ追加。

アタリもなくなったのでしまなみ大橋下手前の小さな波止に行くと、ちょうど帰り支度をしている若者がいたので釣果を伺う。

「こんばんわ!釣れました?」「&#▽・・・釣れまへん」と話しをするのも大儀そうに捨て台詞気味に言う。

まあいいや!礼儀を知らんやっちゃ!人間千差万別色々おらあな!

そのころから雨がシトシト降りはじめたので帰路に就くが、途中睡魔がきたのでSAで休憩してたら自宅に帰ったのは午前3時半。

ついでに記事アップ!

おやすみなさい。
[PR]
by mebaru365 | 2015-09-16 03:46 | アオリ

アオリ調査

昨晩、月光浴をしているであろう新子のアオリ調査に行ってきました。

行った場所は大三島の某場所。

まだちと早いかもですが、行かんことにはわかりません。

噂が入ってきたからでは時既に遅し・・・なんてこともありますから(笑

場所に到着。当然誰も居ませんね。  墨跡も皆無。

まず2.5号のエギからスタート。全く反応がありません。

今度は2号でやってみますと・・・パンチ来ました。

同じラインを通すと、トスンと来ました。

エギングロッドのティップがちょっと曲がる程度です。

上がってきたのはこのサイズ。

e0113508_1082837.jpg


コロッケ?ハンバーグ?ってサイズです。

順調に育っているようです。

その後やりますが、パンチの連続!  でも乗らない。

手前までエギが来た時ライトで水面を照らすと・・・・いっぱい寄っていますがな。

エギに一定の距離をおき、時折触腕を伸ばしています。

昼だったらサイトエギングやりほうだい(爆

午前0時で納竿。

まだ小一ケ月早い感じでした。来月の月周りがいいかもね。

新子調査終了。   追跡調査・・・シロイカの追跡調査もあるしなあ・・・。
[PR]
by mebaru365 | 2015-08-28 10:18 | アオリ

潮・・

もう終わりかなあ・・・。アオリ

最期に温泉に入れて風にさらして収納ですね。

e0113508_12473684.jpg

[PR]
by mebaru365 | 2014-11-15 12:48 | アオリ

誘い方で・・・!

昨日午前中は所用で満潮の地合いを逃し、夕方からの満ち上がりに期待して車をしまなみに向けて出発する。

途中フロントガラスに水滴が・・・。

アイヤ~!きてますがな。

e0113508_8155986.gif


まあこの気圧配置だからそんなには降らないだろう。

e0113508_81743.gif


目指すは大山〇神社のある島。

さてここで場所を想像してください。

インターを降りて右折。S港の手前を右折。海岸線をひたすら走り、トンネルの手前の石波止でシャクッテみるが反応ナッシング。

このあたり透明度が悪い。

トンネルを抜けてやっと集落が見えてきて二股に分かれる道に差し掛かった。

左に行けばM港。右に曲がる。また坂道を登り切ったところを左折。

普段は広く見える道なのだが、雑草が生い茂り半分くらいになっている。

軽四に替えても容赦なく車体をナデナデしてくれる。

やっと釣り場に到着。

地元の方がいつもやっている出っ張りポイントで早速シャクルと一投目から来た。

e0113508_8365332.jpg


そして一投毎に何らかのコンタクトがある。

何らかのコンタクトとは、底に付いていないのにロッドを持つ手のひらにゴソゴソとかコリコリとかいう感覚が伝わってくるのだ。

グーっとロッドを持っていったり、ポンという烏賊パンチもあるのだが、抱く前兆を感じとれるのだ。

そのあと手首シャクリをしたあと少し長めにテンションフォールさせてやるとロッドが倒れるような重みを感じるか、次のシャクリでドスンとくる。

ここでロッドが倒れるような重みを感じ・・・とは、私はしゃくったあとロッドを立ててアタリを取るようにしている。

こうすることで烏賊が抱いた時、ロッドが前に倒れることによって手首に重みを感じ、アタリがわかるのです。

もしロッドを前に倒していれば既に手首に負荷が掛かっているので、烏賊が引いた微妙な重みがわからなくなってしまうからです。

ここで言っときますが、私はロッドがビュウビュウ鳴ったり、大きくジャークするようなシャクリはしていません。手首を2~3回クイックしているだけです。

もう何杯釣ったかな?

こんなのです!

e0113508_8573598.jpg



e0113508_8581235.jpg



e0113508_8583054.jpg


e0113508_858448.jpg



派手に噴射してくれました。

e0113508_90463.jpg


お蔭で顔面ズボンに噴射していただきました。

e0113508_923822.jpg

(これは余談だが、釣り場で墨跡があるのは手前で掛けた証拠。遠くで掛けた時は手前まで来る前に墨は出てしまっていることが多い。
従って墨跡が無いからって釣れていないとは限りません。)

満潮を機に休憩のためM港の自販機に・・。

ここで桟橋で一人釣っている若者が(H山から来たYさん)・・・。

「釣れますか?」「アジ狙ってますが釣れないのでエギングしようかと・・・。」

「今夜は月が出てるから灯りポイントは渋いかも・・・これからさっきまで釣っていた場所に行くのですがきますか?」

「OK牧場!」

Y君の釣り方を見ていたがこれではちょっと難しいかも・・・。

んで、私のやり方を教えてやったらすぐ釣れた。

でも次がなかなか来ない。  それはロッドにあった。パッツンパッツンのロッド。

しかもPE1号。なんで1号かと聞くと地球と喧嘩した時、負けないようにということだ。

地球に勝ててもイカには負けるかも~!

ロッドももう少しティップの柔らかいものが好ましい。

潮も引いたので別の場所に2人で移動。

行ったのはイノシシポイント。ここも引きすぎて即移動。

そして息ゼイゼイポイント。

砂浜から遠投すると一投目から・・・。

e0113508_9182663.jpg



そして今日一サイズが・・・。

e0113508_9202773.jpg


もう底近くになってどこも釣れる気がしねえ!

Y君はもう少し頑張ってみるとのこと。

ここでお別れです。

またお会いしましょう。

今回はこんだけ~! 36杯

e0113508_9242339.jpg

[PR]
by mebaru365 | 2014-09-11 09:26 | アオリ