カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

天気は良いが・・・

昨日は梅雨の中休みの最後の日。

っつう事で行って来ました赤碕くんだり! O田さんと。

道中 今夜はああじゃこうじゃと釣り談義に花が咲く。

ふとした話から・・・あ~餌巻きスッテ忘れた~!

折角昨晩サヨリを巻き直して冷凍庫に入れておいたのに、行く気持ちがはやってすっかり忘れてた。

しゃあない!赤碕のT具で餌巻きスッテ2本購入。

餌はO田さんからタッチーの切り身を頂くことにした。

最初からつまづいた。大きさは適当に切ってあるのでスッテには少し大きいかも・・・。

まあ巾広でもいいだろうといい加減にしたのがいけなかった。

午後5時半出船。 西に向かって突っ走る。

ベタ凪状態なので、前回より早く着く。

ここでは明るいうちから来るという。

早速開始。  すぐにドスン!ドスンと来た。

e0113508_04114192.jpg
型も40cmクラスと上々の滑り出し。

さてここで問題発生。

水深50m前後であるが皆さんオモリ70号前後の胴突き仕掛け。

両隣ともウキスッテを4~5本付けている。

私はというと、イカメタルスタイル。

これではトラブルのが目に見えている。

仕方なく電動リールを付け、シンカー釣りに変更。

オモリが60号までしかなかったのでO田さんから80号をお借りした。

これでトラブらないだろうと思っていたが、なんせ間隔が狭いうえ、長潮にもかかわらず、流速が速い。

すぐにトラブった。 まあこれで頑張るしかない。

またまた悪いことが。

潮の流れる向きが最悪。海に向かって右前に出て行く潮だ。

これでは深くを釣らなければアタリが出にくいと判断した。

案の定 左隣の方は底付近で良型を連発している。

私もしたいが右隣の長竿の先端に向かって流れているので底まで落とせば何らかのトラブルは起きるはず!

・・・・・・アチャ~やっちまったぜ!

釣る時間が勿体ない。

もう半分ふてくされ気味になる。

そうこうしていたら反対側でやっているO田さんが「水面から15~25mで釣れるよ」という。

よく見るとO田さんがやっている場所は船の下に向かって流れているではないか。

無理言ってO田さんに「隣でやらして!」と頼むと快く入れてくれた。

そして一投目からヒットです。早く気付くべきでした。

ここでO田さんが大物狙いの竿を出すという。

そしてアタリはあるが仕掛けを上げてみると綺麗に餌を取られている。

またまたアタリ! 

だがあと10mというところでフックアウト!

納竿30分前にドスンときた。O田さんの大物仕掛けの竿が綺麗な弧を描いている。

ドラグが滑りなかなか上がって来ない。

やっと浮いて来た。水面に浮いたデカ真鯛を私がタモアシスト・・・・!

一発で決めた。

上がってきたのは82cm6k弱のデカ雄真鯛です。

記念写真 顔にしまりがありませんよ~!

e0113508_04422017.jpg
今度釣れたら私に~~って言ったら船長がそろそろ納竿にしましょうか。だって!


でも反対側に移動して10杯はゲット出来たことに感謝です。

そして無事帰宅。

今回はこうも釣り座によって釣果が変わるものかということが身に染みた釣りでした。

今回の釣果

シロイカ23杯

e0113508_04482046.jpg
スルメイカ 10杯


e0113508_04484814.jpg
周りの釣りに翻弄され、やけ気味なったことが釣果に結びつかなかったことに反省してます!

おしまい!











[PR]
# by mebaru365 | 2017-06-20 04:53 | 白いか
先日、これを購入致しました。冷凍庫!

before

e0113508_11330560.jpg
after

e0113508_11333569.jpg
色違いを購入。

そして昨日こんなことしてたら・・・

e0113508_11394613.jpg
山陰のイカ船長から電話。

「客減ったから来んかいのう?」

そして弟弟子も誘い、赤碕港へ。

午後5時半出船。

今回は少し遠出するらしい・・・。

が!波高くてピッチングが半端じゃない。どこかにしがみ付いていないと、海に放り出されそう。

撒き餌したくなる気分(爆)

そして船長「目的地までは行けそうもないんで、この辺りでやります」

イカリを降ろしても揺れが激しい(こんなところで釣れるんか?)

だが、そんな心配も吹っ飛んだ。

一投目からドスンです。 隣で弟弟子もドスンです。

e0113508_11563833.jpg

今夜はイケる?

でも交通事故だったみたい・・・。アタリが散発。

灯りを点しても同じ。魚探にベイトはビッシリ写っているらしい。

うねりがあるので、イカメタルよりシンカー釣りに分があるようだ。

私も途中から変更すると、底でドッスーンと来ました。

これはデカい!

e0113508_11560489.jpg
(帰宅後検寸すると胴長41cm)

隣で大きく竿をしならせている。大きそうだ。

あれ?上がってきたのは足のみ!頭が無い。

推測するに真鯛か青物が食いちぎったようです。

時計を見ると午前0時近くになっていた。

そして・・・「ハイ帰りましょう」

帰る時は、ベタ凪状態。

行きの半分の時間で帰れた。

帰る途中 車に虫や蛾がバチバチ当たる。

朝見たらこんな感じでした。

e0113508_12051418.jpg
e0113508_12053498.jpg
落ちにくくなるのですぐ洗いました。

んで今回はこんだけ~!

シロイカ17杯 

e0113508_12085374.jpg
スルメ4杯でした(写メ無し)

少ない・・・でも赤碕の道の駅にも出てないから大きいのは1杯●000はするで笑!

そうそうこれ載せるの忘れてました。

船長からの差し入れです。

e0113508_17230254.jpg

船長!刺すのはスイカだけにして!

e0113508_17242148.jpg
                     怖!

おしま~い!




[PR]
# by mebaru365 | 2017-06-16 12:12 | 白いか

ムラ

昨日、山陰はイカ船長に電話

「明日何人?」  「今んとこ2名」 「行きマッスル」

お見舞いがてらに行くことに(詳細は内緒)

つうことで、こちらを午後3時出発!

既に先客お待ちでした。

今年初めてのイカ釣りらしい。 K敷の方。私より年配です。

んで、釣り方は重いオモリにスッテ沢山の電動巻き上げ。

私が「今はこの釣りのほうがええかも。誘ってなんぼよ!」

って言うと、「ほんなら手持ちでシャクッテみます」と意外と素直。

だが、竿がかなり硬そうだ。

私のタイラバ用の竿を見せると「これで釣りなさるの?」

私が使っているのがSimanoの「炎月」

スパイラルになっているのでガイド絡みが少ない。

んでPEは03&04と言うと、「そんなんで切れへんの?」という。

「これ切るイカはタルイカくらいのもんですよ。タルイカでも切れんと思うよ」

切れるとすれば仕掛けのほうでしょうね。

港を出て間もなく到着。まだ明るいのでサゴシを狙う。

釣り場に行く途中サゴシがバンバン跳ねてたので、もしかと思ったからだ。

船がイカリを降ろしてすぐ投げたのがいけなかった・・・。

ロープが安定していなかったのでしょう。

一投目で掛かった。ロープに!

PEの所からプッツンです。

気を取り直して・・・再び・・・挑戦しません。

今度はイカメタル開始です。

船長は「午後8時頃にならんと食わんよ!」

って言ってたが、来ました。私に!

まずは1杯という事で写真撮ろうかと思いましたが、小さいのでカット!

そして灯りが点灯してから底付近でアタリが来る。

6杯釣れたところで写真撮影!


e0113508_10515381.jpg

その後も飽きない程度に釣れるが、浮いて来る気配は全く無い。

いずれも底付近だ。

しかもサヨリの餌巻きスッテばかりに来る。

他の客も時折竿を曲げているようだが、「途中で外れた!」とか、上げる時にポロっと外したり、なかなか釣果は伸びてないようだ。

そして後方でアジが跳ねだした。

それを狙ってアジ釣りに専念している。

上がってくるのも30cm級が混じっているので私も挑戦。

だがこちらの型は25cm止まり!

そのうち流れ藻に仕掛けを取られて断念。

船長が「ルアーで狙ったほうが釣れるよ」

って言ってたが、今回は持参してない(次回は持参だ)

午後11時半過ぎ 納竿。

K敷の方にお別れを言い、一路自宅に向けて出発したが、途中睡魔が襲った。

SAで仮眠をとることに。

エンジンをかけて寝ていたらナヴィがなんか言っている。

「そろそろ2時間になります。休憩しませんか?」って!

アイヤ~かなり熟睡したみたい。

時計を見ると午前3時です。

自宅に到着した時は東の空が薄っすらと明るくなっていた。

日の出が5時前だもんね。

そして風呂入って寝ようと思ったら外は明るいがとりあえず寝た。

目が覚めたのは午前9時。

1~2杯をジプロックに詰め直して冷凍保存・・・。

その前に釣果アップ!

シロイカ 36杯


e0113508_11093119.jpg


スルメイカ 2杯

e0113508_11100694.jpg


アジ3匹 網ングトビウオ 1匹

e0113508_11110886.jpg


いまの時期かなりムラがあるみたいですね。

これが場所なのか、水温の変化なのか、私には判りません。

おしまい!









[PR]
# by mebaru365 | 2017-05-31 11:13 | 白いか

烏賊祭 始まったかな?

一昨日「船長!明後日行くかも~!」

って言ったが、明後日の夜は波少し出てくるかも!

って事で、「船長明日行くわ~!」

そして昨日夕方赤碕に!

今日は大山がくっきり見える。

e0113508_09061429.jpg

まもなくして釣り場に着いた。

ゆっくりと仕掛けの準備・・・

船長は見飽きていると思うが、夕陽が綺麗だ・・・。 

e0113508_09104857.jpg


しばし落ちるまで見とれる。

e0113508_09131420.jpg


午後7時過ぎ点灯。

「昨日は20時頃から釣れ出した」と船長は言う。

そして待望の1杯が来る。 小さいので写真は撮らない。

数杯釣れたところで写真撮れるSIZEが来た。

e0113508_09170119.jpg


テポドンまではいかない。  ノドン級か(爆)

船長が「昨晩は底から10m位できた」と言う。

だが来ない・・・・・・。

またまた船長が「12mで来た」と言う。

だが来ない。来るのはペンシルスルメばっかりだ。

底をねちねちやってたら・・・・・・ドスンと来た。

こりゃ今までの奴とは違う。

烏賊の場合、掛かり方が判らないのであまり無理をすれば身(足の場合も)切れするので慎重に浮かす。

そしてタモで慎重に掬う。

やった!テポドン・・・いや火星いった?

e0113508_09252159.jpg
ってSIZEです。

途中、O田さんがメールしてきます。

返事書くよりtellのほうが早い。

「まだ10杯ちょっと!」

時計を見ると既に10時半。あと1時間くらいか・・・・・・・・。

そして船長が「あと15分くらいで終わろう」と言った。

そして納竿間際に掛かり出した。

船長が「少し時間延長じゃ!」

そこから怒涛の・・連荘!

ベタ底でアタリ連発。

しかし最後にやってしまった。

あまり底を小突いていたので、1個2000円以上するタングステンスッテが底の岩と喧嘩して負けた。

船長の合図で終了!

港に帰った船長はイカを活かしから出しカゴに入れている。

e0113508_09351451.jpg

私より多そう・・・。

ここでは語らないが船長の戦略がハマっていたのだ。

ゆっくり帰宅・・・ゆっくり起床(爆)

昨晩の釣果

火星~テポドン 3杯

e0113508_09383543.jpg


ノドン級 24杯

e0113508_09393145.jpg


そして機関銃の玉 28杯

e0113508_09403124.jpg
船長曰く「これだったら明日から本格的に釣れ出すみたいだね!」との事。

但し天候が悪ければそれなりの釣果しか出ませんから~!

おしまい!





[PR]
# by mebaru365 | 2017-05-19 09:44 | 白いか

テポドン釣ったど~!

一昨日、弟弟子に明日メバル釣りに行こうと誘ったらすでに船釣りに行く予定だった。

O田さんに連絡すると仕事の後片付けでダメっぽい。

ん~ん!一人じゃ退屈・・・五月蠅いところでも行くか・・・。

っという事で五月蠅い所に行ってたら山陰はイカ船長から電話!

「べた凪じゃ・・・来んかいな?」

他に釣り客は居ないらしい。

天気もさほど悪くない。

e0113508_09015046.jpg
ゆっくりと自宅を出発。

途中道の駅「犬鋏」に立ち寄り葉ワサビを購入。

港に着くと車で一杯。

何かと思うと皆さんアジ釣りをやっていた。

e0113508_09095853.jpg
型も25cm前後。大きいものは30cmが釣れていた。

陽が西に傾くに従って波止の外向きに移動。

e0113508_09130431.jpg


陽が沈む直前までやっている。

e0113508_09141016.jpg


午後6時半出船。

漁場までは港のすぐ近く。

夕陽が綺麗だ! 

e0113508_09163488.jpg

イカリをおろしてすぐに船長にヒット!流石である。

私にも釣れる。まだ写真は撮らない。

灯りが点されて1時間は釣れないと船長は言っていたがすぐにヒット!

しかも型がええ!

その後、これはデカいやつがヒット! やっと水面まで浮かせるとWでした。

船長がデジカメでパチリ!

e0113508_09254723.jpg
胴長30cmクラスが多い!

e0113508_09264088.jpg
10杯釣ったところでO田さんにメール。

ただ今9時半。

船長が「10時まで釣れんかったら納竿じゃ! 釣れたら時間延長」と言った。

よっしゃ!気合を入れてやったる・・・・・・。

来た~~~! よっしゃ!時間延長じゃ!

頑張った甲斐あって10杯追加。

そして幾分風が出てきて船が左右に流され、底が取り辛くなった。

しかも寒い。

これを機に納竿。

港に帰って船長は漁連に出荷するので発泡スチロールに並べている。

e0113508_09333620.jpg
いつもより1時間早く帰宅。

今回はしょっぱちからビッグ連荘で船長もビックリ!

天候諸々の条件さえ揃えばビッグでクーラー満タンになるかもですね!

釣果は20杯でしたが、十分満足です。

なぜって?買えば1杯1000円~2000円は下らないとの事でした。

e0113508_09412910.jpg











[PR]
# by mebaru365 | 2017-04-25 09:42 | 白いか

お試し釣行

昨晩は今年初のシロイカ釣りに行ってQ!

船長が釣れんでもしらんよ!って言ってたが、昨年は3月の終わりに行ってまあまあ釣れた。

でも今年は若干水温が低いのでシロイカの顔が見れれば御の字。

っという事で、O田さんと弟弟子の3人での釣行。

港に着くとO山ナンバーの車が1台止まっています。合計4名での出船だ。

e0113508_2202168.jpg


予定より少し早く出船。港が見える近場です。

明るい内に竿を出すも、誰も中らない。

しばらくしてO田さんがロッド曲げてますがな!

そして上がったのは紛れもなくシロイカ。型もいいです。

e0113508_219225.jpg


そして私にも待望のアタリです。

だが・・・・・・・・・・・・・・・・・水面まで上がったところでポロリ!

紛れもなくシロイカでした。

船長が「なにやってんの!今のは2000円くらいはしたよ!」

ク~~~!勿体ない。

気を取り直してシェイク中にドスンと来ました。

そして今度は船長がタマで掬ってくれました。
思わず「やった~~~」って大声で叫んでしまいました(爆)

e0113508_2363553.jpg


まあまあええ型でしょ!

e0113508_237933.jpg


その後アタリはあるものの途中でばれたり、上げる時ポロって落ちたりです。

まだスッテに対し攻撃的にタックルしてこないので掛かりが浅いみたいだ。

船長がそのたびに「なにしてんの!」って激が飛んできます。

そしてなかなかエンジンの掛からなかった弟弟子もGOODSIZEを上げてくれて一安心です。

e0113508_2353417.jpg


船長はというと、艫の場所で竿出してます。

でも釣れるのはデカい甲ちゃんばっかり。しかも5連発。

「何でわしにはシロイカこねえんだろう」

んで船長自ら「わしが腹黒いからかなあ」皆一同「言えてる」(大爆)

冗談はさておいて、忘れた頃に誰かがポロって上げますが、全く連荘無し。

たまに手無しイカ(ヤリイカ)が遊んでくれる程度。

霧雨の降る午後11時納竿と相成りました。

e0113508_2502463.jpg


出船前 船長が「顔が見えたらええよ」って言ってたが、他の者はどうか知りませんが、私は顔が見れただけで満足でした。

でもって、シロイカはたったこんだけでした。

e0113508_919345.jpg


船長が言ってました。

「釣れるか釣れんか判らんのに来るのはあんたぐらいなもんよ! みんなクーラー一杯出来るようにならんと来んよ!」

私「先発で誰か行かんと様子が判らんじゃろうが。まして私は漁師じゃないけん、数釣れりゃあええっちゅうもんじゃないけえ。
勿論数釣れることにこしたことはないが、竿先曲がって「烏賊掛かっとるで」って言われて電動リールを巻き上げるより、竿先に集中して、烏賊が仕掛けに触って 竿先に表れるその瞬間を味わいたいんよ!」

烏賊が「掛かっとるで」と「掛けたった」では比べものになりません。

その体感をしていない貴方! 一度体験してみてはイカが?

あと一か月かなあ・・・
[PR]
# by mebaru365 | 2017-04-09 09:23 | 白いか

ムーチング

先日副収入が入ったので・・・

e0113508_1428989.jpg



6:4調子のムーチングロッドを購入した。

e0113508_14423148.jpg


これで船が揺れても竿先が煽られることが無く、オモリの上下を竿の曲がりで吸収してくれる・・・・・・・はず!
[PR]
# by mebaru365 | 2017-04-03 14:31 | 白いか

海水温

昨年の3月の終わりにシロイカ行き、30杯近くをゲットしました。

ことしもいけるか?と水温を調査しましたが、ちょっとやばい感じです。

昨年と今年の海水温の比較をしてみました。

去年の3月

e0113508_1895579.jpg


今年の3月

e0113508_18102366.jpg


やはり今年は水温の上昇が少し遅れているようです。

あと1~2℃上昇してくれたらGO!でしょう・・・。
[PR]
# by mebaru365 | 2017-03-20 18:14 | 白いか

ラストエンペラー

今日の午前中は町内会行事の一環で花の寄せ植えに参加!

e0113508_0132663.jpg


午後から今年最後のイカ釣りに弟弟子と行って来ました。

やはり寒かったのでしょう。大山は薄っすらと雪化粧をしていました。

e0113508_0161629.jpg


港に到着すると、既にお待ちかね!

午後4時出船。

e0113508_019216.jpg


スマホで記念撮影です。

e0113508_044384.jpg


到着して他のお客さん次々にヒットしています。

しかも昔ながらの多点掛け仕掛け。 オモリは80号とかでした。

此方は2点仕掛けのイカメタル!これやばいんと違う??

そして早目の点灯! 早々スルメの小型・・・。

でも私にも来ました。良型が!!

e0113508_025565.jpg


このサイズだと1000YENはするそうです。

10杯釣ったら元取れるか・・・。

なんて考えながらやってますが、なんのなんの シワイシワイ!

船長曰く「10杯釣れたらええほうよ~」

そして雨がポツっときた。

e0113508_0304292.gif


合羽来て釣り再開・・・。シワイのう・・・。

そして弟弟子は痺れ切らして回遊してきた30cm前後のサバ狙いに変更!

面白いように釣り上げている。もうクーラー入り切れないほど釣ったようだ。

私はやっと10杯釣れたのでいつ終わってもいいと思っていたら、雨が本降りになってきた。

e0113508_0345896.gif


船長に「もういつやめてもええよ」って言ったら、「前側のお客さんも帰りたいって言ったから帰ろうか」

という事で午後9時半過ぎ納竿。

釣果は1杯1杯が大きく全部で10杯でした。

e0113508_946517.jpg


ん?10杯に1杯足らないって? 弟弟子に進呈いたしました。はい!

引き上げる時船長が「今年はこれで終わりやね?」

って聞かれたので「終わりにします。来年も早春に試し釣りに行きましょう」

この烏賊は町内会の忘年会に使いましょうかね!

それまで冷凍庫で熟成しときます。

では!
[PR]
# by mebaru365 | 2016-11-27 09:49 | 白いか

意気消沈

昨晩は行って来ました。  山陰へ!

本来は今日(1日)釣り友と、ある場所に行く予定だったんですが、爆風の予報・・・という事で、山陰は烏賊釣りに行って来ました。

本来は烏賊・・・といきたいのですが、前回O田さんがデカ真鯛を釣られていたので、ほんじゃ私もってわけで行ったのですが・・・って書いたらもう結果が判ってしまうので、言い訳じみた文を綴ってみたいと思います。

午前7時、外は無風!  山陰も無風でしょう。

気圧配置を見ても等圧線は詰んでいない。

e0113508_1053748.gif


ただ、低気圧と低気圧に挟まれているので・・・・

e0113508_10542035.gif


e0113508_10543698.gif


雨は覚悟しとかなきゃいけない。

午後4時半出船。約50分かけて沖に停泊。イカリを降ろして釣り開始。

今夜はイカも狙いつつ、デカ真鯛もって魂胆です。

とりあえず真鯛釣り用のイカを確保しなければ・・・。

第一投目からシロイカ釣れました。

これを大物用の仕掛けにセットして降ろしてアタリを待ちます。

そしてすぐに竿先にゴツンというアタリ!

でも後が続きません。上げてみるとイカの足がちぎられています。

そしてい確保していたイカを交換。下に降ろしてアタリを待ちます。

後方のお客さんにもアタリが来て大きく合わせを!

だが奮闘空しく途中にバラス。

サルカン部分からのすっぽ抜け。

そんな中船長にアタリが!

上がってきたのは60cmの真鯛でした。流石上手いもんだ。

舳のほうでも歓声が上がっています。

今度は私の番か?・・・

隣でイカをやっていた船長の仕掛けと私の大物用の仕掛けが絡まってしまった。

船長が仕掛けを解いているようだが・・・・・。

「こりゃダメじゃ。仕掛けを切るよ!」

と言ったので「了解!」

だが・・・・・・・・・・帰ってきた仕掛けをみるとPEのみ!

そして、「はいクッションゴム」と渡された!

私は唖然とした。せめて短くてもいいからリーダーを残して欲しかった。

フロロ14号のリーダーは持って来てない。

かといってPEを直にサルカンに結ぶ手もあるが、すっぽ抜けが怖い。団子結びで止めてるのも方法だが強度が心配だ。

一気にやる気が無くなった。まだ納竿まで3時間はある。

仕方ないイカに専念するしかない。。。、

そんな中船長が赤いか(ソデイカ)掛けた。

e0113508_11183913.jpg


隣、そして反対側の釣り客のラインと絡まっているらしく、なかなか上がって来ない。

私は仕掛けを上げていたので高みの見物。

やっと水面近くまで浮いてきたようだ。

隣でギャフを持って待ち構える。

e0113508_11243532.jpg


船長が「頭頭!」と指示を飛ばしている・・・・・・にも関わらず・・・・

海の藻屑と消え去って行った・・・・・・・・。

船長「あ~あ・・・」

さてやる気の無い私は、少しでもお土産をと思いイカに専念。

だが、雨がパラパラ・・・そしてシトシト・・・風も出てきたようで、船の揺れが大きくなってきた。

そろそろ納竿にしましょうか・・・。

港に帰ってみると・・・、地面が濡れていない。

e0113508_11325137.gif


帰路の途中も地面は濡れていたが、すっかり雨は上がったみたい。

e0113508_11335587.gif


イカは前回より多かった。

餌に使用した分を合わせたら30杯は釣れてた感じだ。

e0113508_11235959.jpg


今回の教訓。

限られた時間内なので泥縄方式は無理。予備が必要かなあって感じた。
[PR]
# by mebaru365 | 2016-11-01 10:45 | 白いか