カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

牛窓 鹿忍のサヨリ

午前5時、目覚ましがけたたましく鳴る。
今日は、待ちに待ったサヨリン釣り。行きがけに岡山市江並にある平田釣り具で餌のアミを仕入れる。なぜここかって?餌なんてどこの釣り具屋さんでもあるじゃないかとお思いだろうが、ここのアミエビは活きが違うんです。買って入れ物に入れた時、アミエビがピンピン跳ねているんです。だから、食いが全然違うというわけなんです。一人一日200円もあれば十分あります。
一路、岡山バイパスを東に向けて走ること約15分、泰皇夢さん方に立ち寄ります。すでに瀬戸内メバル釣行紀のtakaさんが到着していました。
泰皇夢さんの運転で目指すは鹿忍の波止。午前7時に到着、まだ誰も来てないだろう・・・。と思いきや、漁山箔さんのお友達の釣りマチガイさんが来ていた。
話もそこそこに早速釣り開始、泰皇夢さんを挟んで釣り座をコーナー付近に陣取る。
潮が低いせいか、サヨリは全く寄って居ない。釣れるのはヒイラギばかり。
e0113508_21385242.jpg

その内、釣りマチガイさんに電話が入る。宇野方面にサヨリを釣りに行っているHさんかららしい。電話の様子ではあちらは、釣れてるみたいだ。
釣りマチガイさん、ここで1時間半くらい辛抱していたが、「あっちに行ってみますわ~!」と言い残し宇野方面に・・・。昨日この場所で漁山箔さんがボーズくらってたからであろう。
潮が高くなるにつれて釣り人がポロポロ・・・・・・・・、じゃない。あっという間に波止いっぱいに来た。
右側も
e0113508_21472437.jpg

左側も
e0113508_21482555.jpg

人人人。こんな小さな波止にこんなにも来るなんて。しかも平日に。
そして、皆さん飛ばしウキでの遠投で釣っている。
てなわけで、我々も遠投仕掛けで・・・。
やっと待望のサヨリが、しかも良型である。小サンマって感じだ。
e0113508_2152512.jpg

それからは、ポロポロではあるが、沖から良型が全員に釣れる。
あっそうそう!漁山箔さんも参加の予定だったが、昨日のボーズが非常に響いたようで、こちら方面あきらめて、Hさんや釣りマチガイさんがいる、宇野方面に行きました。
takaさんが「近くでも釣れますよ。 」   見るとのべ竿で釣っている。これに即切り替えたのが泰皇夢さん。撒き餌を沖7~8mに打っている。ボラがそれに反応して、水面が波立っている。サヨリはその周囲にいるみたいだ。それを泰皇夢さんは見逃さない。もの凄いペースで良型のサヨリを釣っている。我々も負けじと頑張った。ピークに達したのが満潮から引きに入ったころだ。足元でサヨリが乱舞し始めた。「これこれ、これを待っていたんよ」泰皇夢さんが入れ掛かりをしている。勿論我々も入れ掛かりを堪能したのは当然のことである。
午後3時過ぎ納竿。家に帰って数を数えると70匹近く釣っていました。泰皇夢さんは3桁近く釣っていると思われる。takaさんも私と同じくらいいると思われる。
e0113508_2212328.jpg

さっそく、一夜干しの準備にとりかかる。
頭を切り落とし、背開きにして、潮水の中に1時間程度浸し、
e0113508_22152285.jpg

乾燥網に入れてつり下げました。
自宅に帰る途中、ボルトが3本も入って病院で療養中のめばる日記さんの所にtakaさんと行きました。夫婦水入らず?で病室でいちゃいちゃしてました~。(ウソピョン)
こんな格好で愛人1~5号くらいまで作った~!なんて冗談いっぱいでした。
隣で愛妻さんクスクス笑ってました。
元気な姿みれて何よりでした。早く良くなることを願っています。
e0113508_22303435.jpg

[PR]
by mebaru365 | 2007-10-29 22:24