カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

烏賊祭 始まったかな?

一昨日「船長!明後日行くかも~!」

って言ったが、明後日の夜は波少し出てくるかも!

って事で、「船長明日行くわ~!」

そして昨日夕方赤碕に!

今日は大山がくっきり見える。

e0113508_09061429.jpg

まもなくして釣り場に着いた。

ゆっくりと仕掛けの準備・・・

船長は見飽きていると思うが、夕陽が綺麗だ・・・。 

e0113508_09104857.jpg


しばし落ちるまで見とれる。

e0113508_09131420.jpg


午後7時過ぎ点灯。

「昨日は20時頃から釣れ出した」と船長は言う。

そして待望の1杯が来る。 小さいので写真は撮らない。

数杯釣れたところで写真撮れるSIZEが来た。

e0113508_09170119.jpg


テポドンまではいかない。  ノドン級か(爆)

船長が「昨晩は底から10m位できた」と言う。

だが来ない・・・・・・。

またまた船長が「12mで来た」と言う。

だが来ない。来るのはペンシルスルメばっかりだ。

底をねちねちやってたら・・・・・・ドスンと来た。

こりゃ今までの奴とは違う。

烏賊の場合、掛かり方が判らないのであまり無理をすれば身(足の場合も)切れするので慎重に浮かす。

そしてタモで慎重に掬う。

やった!テポドン・・・いや火星いった?

e0113508_09252159.jpg
ってSIZEです。

途中、O田さんがメールしてきます。

返事書くよりtellのほうが早い。

「まだ10杯ちょっと!」

時計を見ると既に10時半。あと1時間くらいか・・・・・・・・。

そして船長が「あと15分くらいで終わろう」と言った。

そして納竿間際に掛かり出した。

船長が「少し時間延長じゃ!」

そこから怒涛の・・連荘!

ベタ底でアタリ連発。

しかし最後にやってしまった。

あまり底を小突いていたので、1個2000円以上するタングステンスッテが底の岩と喧嘩して負けた。

船長の合図で終了!

港に帰った船長はイカを活かしから出しカゴに入れている。

e0113508_09351451.jpg

私より多そう・・・。

ここでは語らないが船長の戦略がハマっていたのだ。

ゆっくり帰宅・・・ゆっくり起床(爆)

昨晩の釣果

火星~テポドン 3杯

e0113508_09383543.jpg


ノドン級 24杯

e0113508_09393145.jpg


そして機関銃の玉 28杯

e0113508_09403124.jpg
船長曰く「これだったら明日から本格的に釣れ出すみたいだね!」との事。

但し天候が悪ければそれなりの釣果しか出ませんから~!

おしまい!





[PR]
by mebaru365 | 2017-05-19 09:44 | 白いか