カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お試し釣行

昨晩は今年初のシロイカ釣りに行ってQ!

船長が釣れんでもしらんよ!って言ってたが、昨年は3月の終わりに行ってまあまあ釣れた。

でも今年は若干水温が低いのでシロイカの顔が見れれば御の字。

っという事で、O田さんと弟弟子の3人での釣行。

港に着くとO山ナンバーの車が1台止まっています。合計4名での出船だ。

e0113508_2202168.jpg


予定より少し早く出船。港が見える近場です。

明るい内に竿を出すも、誰も中らない。

しばらくしてO田さんがロッド曲げてますがな!

そして上がったのは紛れもなくシロイカ。型もいいです。

e0113508_219225.jpg


そして私にも待望のアタリです。

だが・・・・・・・・・・・・・・・・・水面まで上がったところでポロリ!

紛れもなくシロイカでした。

船長が「なにやってんの!今のは2000円くらいはしたよ!」

ク~~~!勿体ない。

気を取り直してシェイク中にドスンと来ました。

そして今度は船長がタマで掬ってくれました。
思わず「やった~~~」って大声で叫んでしまいました(爆)

e0113508_2363553.jpg


まあまあええ型でしょ!

e0113508_237933.jpg


その後アタリはあるものの途中でばれたり、上げる時ポロって落ちたりです。

まだスッテに対し攻撃的にタックルしてこないので掛かりが浅いみたいだ。

船長がそのたびに「なにしてんの!」って激が飛んできます。

そしてなかなかエンジンの掛からなかった弟弟子もGOODSIZEを上げてくれて一安心です。

e0113508_2353417.jpg


船長はというと、艫の場所で竿出してます。

でも釣れるのはデカい甲ちゃんばっかり。しかも5連発。

「何でわしにはシロイカこねえんだろう」

んで船長自ら「わしが腹黒いからかなあ」皆一同「言えてる」(大爆)

冗談はさておいて、忘れた頃に誰かがポロって上げますが、全く連荘無し。

たまに手無しイカ(ヤリイカ)が遊んでくれる程度。

霧雨の降る午後11時納竿と相成りました。

e0113508_2502463.jpg


出船前 船長が「顔が見えたらええよ」って言ってたが、他の者はどうか知りませんが、私は顔が見れただけで満足でした。

でもって、シロイカはたったこんだけでした。

e0113508_919345.jpg


船長が言ってました。

「釣れるか釣れんか判らんのに来るのはあんたぐらいなもんよ! みんなクーラー一杯出来るようにならんと来んよ!」

私「先発で誰か行かんと様子が判らんじゃろうが。まして私は漁師じゃないけん、数釣れりゃあええっちゅうもんじゃないけえ。
勿論数釣れることにこしたことはないが、竿先曲がって「烏賊掛かっとるで」って言われて電動リールを巻き上げるより、竿先に集中して、烏賊が仕掛けに触って 竿先に表れるその瞬間を味わいたいんよ!」

烏賊が「掛かっとるで」と「掛けたった」では比べものになりません。

その体感をしていない貴方! 一度体験してみてはイカが?

あと一か月かなあ・・・
[PR]
by mebaru365 | 2017-04-09 09:23 | 白いか