カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アジの開きが食いたくて

昨晩、急にアジの開きが食べたくなって食料の調達に行って参りました。


んで、何処でアジが食っているのか?・・・・あの方にテポドンメール発射!


「◯◯でいい場所あったら教えてください」


「◯◯手前の◯◯。テトラに上がって◯◯が良かったですよ」


「ありがとうございます」


というわけで、午後9時前出発。途中瀬戸田PAでブログにコメントが入ったので返信する。


現地に着いたら、かなり潮が引いている。


・・・・・・・ここだな!?  まあまだ期待薄だと思いながらも第1投・・・アリャマ!釣れました。


e0113508_13405456.jpg


24cmくらいです。



そして怒濤の7連チャン(金太郎アジのため写真無し)



そして干潮。アタリ消えました。



潮が満ちに入った頃から北の風が吹き始め波チャッポン!



かなり流れも出てきて釣りづらくなってきたので反対側に移動です。



東の波止の先端には2人居ます。目指すは右の小波止。先客・・・・ゴイサギ一羽。ネコ居ません。



ここのポイントは先端よりちょっと手前の沖の海底が右に行くほど浅くなっており、その付近が狙い目。



やはり居ました。でも時季的にはもう少しあとの筈なのだが、既に産卵待機していました。



ここでもコンスタントに釣れ(金太郎アジのため写真カット)15匹ほどゲットです。



流れが悪いのか、満潮をかなり前にしてトロ潮状態。



睡魔も後押ししてきたので、ここでストップフィッシング。瀬戸田PAまで引き返し仮眠です。



さて、今回私がやった釣り方は砂虫による胴突き仕掛けのサグリ釣りです。


アジングは灯りの周囲にいるベイトをアジが捕食しているためアミとか小さなイカであるためクリアー系のワームをセットすると思いますが、私はゴカイを餌にするため表層・中層付近ではあまり反応がみられません。


遠投して底付近を釣ります。


そし誘い方ですが、ワームのように細かく誘う必要がありません。


仕掛けが底に着いたらラインを張って放置状態。流れで仕掛けがズルズルと・・・・(爆)


その時キスのように一気に竿を絞り込んできます。当然口が弱いので向こうアワセです。





釣果は23匹。


e0113508_13434565.jpg




さっそく一夜干しにと頭チョン切って脊開きにいたしました。



e0113508_13475936.jpg



ありゃま、刺身用がないがな!
[PR]
by mebaru365 | 2012-05-31 13:41